メナード・ナリス化粧品エステとトータルビューティーサロンの違いをプロが詳しく解説

ユーザーさま

「メナード・ナリスなどの化粧会社では1回¥2,000ぐらいでエステが受けられるのに!

高額なたかの友梨とかミス・パリとかのトータルビューティーサロンとの違いは何?

大手サロンは「ボッタクリ」ってこと?」

「いいえ、それは違います。」

megumi

化粧品会社とトータルビューティーサロンは傍目は同じでも、やってる事は全く別物なんです。

今回は、化粧品開発の経歴から化粧品業界の裏も表も知る元エステサロンオーナーの管理人が、知られざるメナード・ナリス化粧品エステと、トータルビューティーサロンの違いを徹底解説します。

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

メナード・ナリスエステとトータルビューティーサロンの違い

メナード・ナリスなど化粧品会社エステ、トータルビューティーサロンの違いは以下です。

比較項目 トータルビューティーサロン 化粧品会社系のエステサロン
収益の割合 エステ技術提供 80~90%
化粧品他・店販 20%
化粧品販売   80%
エステ技術提供 20%
美肌への理論 全身トータルビューティー
食事・生活習慣指導もあり
化粧品の継続使用で美肌キープ
食事・生活習慣指導はほぼなし
技術力 研修は数か月単位~
お客様対応に入るまでに1年要
約10日前後でお客様の施術に
直営以外はほぼ素人レベル
スタッフ待遇 エステプロとしての適性のみ
社員の給料はほぼ固定給
(売上で歩合が付く場合も)
レディーさんが会社のお客様?
化粧品を売らないと報酬なし
(経済的に困ってる方続出)
マシンの使用 最新美容マシンなども使用 美容マシンはほぼ使わない
料金体系 技術料のみ
1回¥6,000~¥20,000
技術料
1回¥2,000~¥5,000
※但し、化粧品購入はほぼ必須
¥20,000~¥50,000

ユーザーさま

「え?化粧品会社とトータルビューティーサロンって、こんなにも違いがあったの?」
「そうなんです。」

megumi

ユーザーさま

「この前体験に行ったサロンで同じように言っちゃった!

失礼だったかな?」

「いいえ、ご安心ください。」

megumi

実は管理人のサロンに新規で来られたお客様の半数以上の方も、ご存じありませんでした。

どちらも「フェイシャルエステ」という名称で、傍目にもやってる事も同じに見えます。

ここでは、改めて両者の違いを深く知って頂く為、わかりやすさを心がけてお話いたします。

収益の割合・営業形態

質問者さま

Q.化粧品会社のエステは化粧品購入は必須?

「メナード」「ナリス」のエステに興味があります。

ただ、口コミを調べると次のような心配があります。

①エステ体験後、入会を勧められる

②エステを定期的に受けるには高額化粧品購入必須

エステではぜひ受けたいし、通いたいです。

でも、化粧品の購入に抵抗があり、迷ってます。

A.100%ではありませんが、限りなく購入必須に近いです。

megumi

これは皆様に誤解の多い点ですが、化粧品会社はエステ技術の提供を主軸としてません。

今一度まとめますと、次のようになります。

  • トータルビューティーサロン;
    全身トータルビューティー
  • 化粧品会社系のサロン;
    化粧品の継続使用で美肌キープ

化粧品会社は「化粧品販売」を行う事がメインのビジネスモデルです。

質問者さま

「それって、エステの体験に行くと、無理矢理化粧品を押し売りされるってこと?」
「いえ、そうではないです。」

megumi

クーリングオフも可能な為、法的に押し売りなどはできません。

しかし、

サロンに定期的に通う=効果を期待して通う行為

となります。

化粧品会社さん側も、エステのみで効果が出ますとはおっしゃいませんからね。

いずれにしましても、化粧会社のエステを検討する時は、化粧品購入は想定しておきましょう。

美肌への理論

化粧品会社とトータルビューティーサロンでは、「美肌への理論」も異なります。

美肌への理論とは、

「どのような手段で美肌へ導いていくか?」

という事です。

言わずともがな、お顔も皆様のお体の一部であることは間違いありません。

本来はお顔だけを短期的にトリートメントを行っても根本的な解決になりません。

肌質改善を本気で行うためには、以下の要素が必須となります。

  • 食事習慣改善

  • 生活習慣改善

  • 自律神経を整える

(※このメカニズムはこちらをご覧ください。)

ダイエットメニューも行うトータルビューティーサロンは、全身体質改善に導くプロです。

また、トータルビューティーサロンはメニューも幅多く、その方に合った内容を行います。

一方、化粧品会社はあくまで「自社化粧品の継続使用」にてで美肌を目指す訴求形態です。

前述のように、化粧品販売が主軸のため、両者はやってる事がまるで違うのです。

技術力

質問者さま

Q.ポーラの技術にがっかり

先日、ポーラのエステお試しに行きました。

でも、技術は大して良いと思いませんでした。

有名なのに、少々がっかりでした。

どこのポーラの店もあんな感じなのでしょうか?

A.スタッフの80%以上は素人セラピストさんです。

megumi

訪販化粧品会社のセラピストさんは、約10日の研修で即お客様対応に入ります。

質問者さま

「え?たった10日足らずですぐお手入れしてるんだ?」
「そうです。」

megumi

つまり、今この記事をご覧になっている皆様も希望すればすぐデビューできます。

この方々はいわゆるレディーさんという、販売代理店専門要員さんです。

ちなみに、このレディーさんになっても固定給が発生しません。

ポーラさんはサロンにお客様を連れてきますが、メナードさんはご自宅へうかがいます。

一方、中堅以上規模のトータルビューティーサロンのフェイシャル技術者は、デビューに最低1年前後要します。

質問者さま

「1年もかかるの?」
「ボディメニューのデビューは数か月ですが、フェイシャルは時間がかかりますね。」

megumi

それほどフェイシャルトリートメントはエステの中でも最難関なのです。

大手有名サロンほど技術試験で何段階もの厳格なチェックが必須となります。

フェイシャルに通うお客様は一度信頼を置いて頂くと、他の技術者に変更されません。

そのため、腕の良いフェイシャル技術者は、業界でもかなり重宝されます。

一度体験いただくと、必ずその歴然たる違いがお分かり頂けるはずです。 

スタッフ待遇・本当のお客様はレディーさんだった

質問者さま

Q.会社から化粧品を購入するように言われた!

某大手訪販化粧品エステの仕事を始めました。

今日、上司に化粧品を買うように言われました。

理由は次の通りです。

①エステ認定試験・練習に使う。

②自分で使わないとお客様にオススメできない。

金額は¥30,000ですが、私の時給は700円です。

こんなのは、エステ業界でよくある事ですか?

A.実は本当のお客様はレディーさんなんです。

megumi

質問者さま

「お客さんがレディーさんってどういうこと?」
「ハッキリ言ってしまえば、訪販会社の本当のお客様はユーザーさんではないのです。」

megumi

レディーさん自体がその化粧品の大切な顧客であり、知人ヅテで広がる仕組みです。

質問者さま

「あやしい!

やっぱりネットワークビジネスってこと?」

「管理人は法律違反でない限り、それも1つのチャンネルと考え、否定はしません。」

megumi

特に化粧品とは、信頼できる方の繋がりの方が売れる特性がありますからね。

世のどんな物も形が違うだけで、ネットワークヅテで広まるじゃないですか。

SNSもそうですし、リアルかネットかの違いです。

地方のレディーさんでは、年収1000-2000万の方なんかザラにいますよ。

質問者さま

「え~!

化粧品レディーってそんなに儲かるの?」

「う~ん…「儲かる」というか「儲ける」ようにされてるんですよ!(笑)」

megumi

訪問販売化粧品のレディーさんで本当に儲けられる方は、営業、経営センスのある方です。

そのため、一般の「美容好き!化粧品好き~、だから美容のお仕事したい~」

一般募集で応募されるお若いお嬢さんはこのノリのため、ずれが生じやすいんです。

一方、トータルビューティーサロンのスタッフは、ほぼ自社の正社員ですから完全な固定給制です。

そのため、本当に美容だけ生計を立てたい方は、トータルビューティーサロン職をおすすめします。

マシンの使用

トータルビューティーサロンでは、必要に応じて以下のようなマシンを使用するのも特徴です。

  • 光フェイシャル(フォトフェイシャル)
  • ラジオ波
  • インディバ
  • サーモシェイプ
  • ハイパーナイフ
  • HIFUハイフ

これらのメニューは即効性に近い効果が期待でき、熱を加えるため持続期間も長めです。

一方、化粧品会社ではこの手のマシンはほぼ使わないため、大きな特徴の違いと言えるでしょう。

料金体系

ユーザーさま

「でも、化粧品会社エステは、1回¥2,000~¥3,000で受けられるからやっぱ惹かれる!」
「はい。その気持ちはとてもよくわかります。」

megumi

しかし、定期的に通う場合は、この金額だけで済むことはありません。

前述のように、化粧品会社は化粧品を販売することが目的です。

例えば、メナードさんには「化粧品キープ」という制度があります。

サロンのお手入れで使用する化粧品を購入し、サロンにキープしておくことです。

料金は、初回セットで¥30,000~¥50,000は必要となります。

そして、このキープの化粧品が切れたら、また購入しなければなりません。

しかも、担当者によって量をたっぷり使われてしまうと、みるみる無くなります。

料金はメーカーさんにもよりますが、大手有名メーカーの価格相場は似ています。

いずれにしましても、総費用を計算するとトータルビューティーサロンと大差がなくなります。

前述のように、技術と効果の持続はトータルビューティーサロンの方がはるかに上です。

本気で肌トラブルを解決されたいとお考えの方であれば、トータルビューティーサロン一択となります。

一般化粧品の使用のみで顔悩みは100%解決不可

管理人の見解では、一般化粧品の使用のみでお顔の悩みを解決することは100%不可能です。

質問者さま

Q.SKⅡ綾瀬はるか、メナード深キョンになりたい!

25歳女子です。

最近老化が恐くなり美肌ケアに関心が高いです。

SKⅡコスメってやっぱりいいんですか?

CMで綾瀬はるかが「25歳の時にはじめ30歳に始めた」。

やっぱり25歳からはじめるべきですか?

また、メナードでは深田恭子が月2回と宣伝してます。

深キョン目指すには、メナードでエステやるべきですか?

A.化粧品だけ高額にしても難しいです。

megumi

化粧品会社のCMは、本当によくできていますよね。

基礎化粧品のCMは女優選定も大変ですが、その分商品価格にオンされてる事をお忘れなく。

しかし、CMに出演してる彼女達は、その会社の化粧品だけを使っている訳ではありません。

深キョンは、行きつけのエステ情報、コスメ情報が他にも公表されてます。

トータルエステ、パーソナルトレーニング、食生活管理などあらゆることを行ってます。

憧れのタレントさんを目指すのは良い事ですが、CMはただのイメージと受け取りましょう。

行政機関では化粧品に効能なしと明記されている

そもそも一般化粧品には、シミ、シワなど肌トラブルが改善できる成分は配合できません。

ユーザーさま

「え?そうなの?

雑誌とかネットにはいっぱい効能がうたってあるのでは?」

「それは、「改善が期待出来る」とかですよね。」

megumi

「改善する」とは一言も書いてませんよ!(笑)

以下は、厚生労働省の薬機法第2条3項の抜粋です。↓

http://www.tokyo-eiken.go.jp/k_yakuji/i-sinsa/cosmetics/hinmoku/

ご覧のように、素肌の若返り、顔痩せなどは化粧品の効能を逸脱すると明記されています。

ユーザーさま

「じゃ、化粧品なんか使っても意味ないってことじゃない!」
「いえ、意味はありますよ。」

megumi

化粧品を使う目的は、次のような事です。

  • 汚れを落とす
    クレンジング+洗顔
  • 保水する
    水分を入れる
  • 潤す・閉じ込める
    油分を入れる、水分の蒸発を防ぐ
  • 肌悩みに不足する成分を補う
    セラミド、コラーゲン、ビタミンCなど

毎日の肌ケアを行うにしても、ベビーオイルやニベアでケアするよりはるかに良いです。

石油鉱物系入りなどの安価な化粧品は肌を痛めるだけで、ケアになってませんからね。

化粧品はこれら4つの役割りを満たし、肌に刺激にならいないものを選ぶことです。

あとは大手化粧品会社の最新商品は、自社研究所で様々な成分を実験されてますからね。

ただ、だからと言って化粧品で飛躍的に効果が変わるかと言えば、そうではありません。

つまり、高額コスメにお金をかけるなら、トータルビューティーサロンできちんとケアを受ける方がずっと有益なのです。

肌悩みのガチ解決にはトータルビューティーサロン一択!

megumi

★今回のまとめです★

今回は、メナード・ナリス化粧品エステと、トータルビューティーサロンの違いについてお話しました。

まとめますと、メナード・ナリスなどの化粧品会社のエステと、トータルビューティーサロンの違いは次のようになります。

〇化粧品会社系のエステサロン

  • 収益割合;
    化粧品販売   80%
    エステ技術提供 20%
  • 美肌への理論;
    食事・生活習慣指導はほぼなし
    化粧品の継続使用で美肌キープ
  • 技術力;
    直営以外はほぼ素人レベル
    約10日前後でお客様の施術に
  • スタッフ待遇;
    化粧品を売らないと報酬なし
    レディーさんが会社のお客様?
    (経済的に困ってる方続出)
  • マシン使用;
    美容マシンはほぼ使わない
  • 料金;
    技術料1回¥2,000~¥5,000
    ※但し、化粧品購入はほぼ必須
    ¥20,000~¥50,000

〇トータルビューティーサロン

  • 収益割合;
    エステ技術提供 80~90%
    化粧品他・店販 20%
  • 美肌への理論;
    全身トータルビューティー
    食事・生活習慣指導もあり
  • 技術力;
    研修は数か月単位~
    お客様対応に入るまでに1年要
  • スタッフ待遇;
    エステプロとしての適性のみ
    社員の給料はほぼ固定給
    (売上で歩合が付く場合も)
  • マシンの使用;
    最新美容マシンなども使用
  • 料金体系;
    技術料のみ 1回¥6,000~¥20,000

そもそも一般化粧品には、シミ、シワなど肌トラブルが改善できる成分は配合できません。

 これは厚生労働省など行政の法令に定められています。

化粧品を使う目的は、次のような事です。

  • 汚れを落とす
    クレンジング+洗顔
  • 保水する
    水分を入れる
  • 潤す・閉じ込める
    油分を入れる、水分の蒸発を防ぐ
  • 肌悩みに不足する成分を補う
    セラミド、コラーゲン、ビタミンCなど

石油鉱物系入りなどの安価な化粧品は肌を痛めたりもするので、そういった意味では、化粧品を良質なものにすることは無意味ではありません。

しかし、化粧品のみを高額なものを使用しても、肌悩みの根本的な解決は100%不可能です。

なぜなら、お顔も皆様のお体の一部であることは間違いありません。

本来はお顔だけを短期的にトリートメントを行っても根本的な解決にならないのです。

肌質改善を本気で行うためには、以下の要素が必須となります。

  • 食事習慣改善
  • 生活習慣改善
  • 自律神経を整える

また、化粧品エステとトータルビューティーサロンでは、技術力、設備も全く異なります。

その歴然たる効果の違いはご自身でご体感頂くのが一番です。

ぜひ一度大手トータルビューティーサロンのフェイシャルエステを体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です