痩身エステ効果が出る回数と頻度は?5・10・20kg痩せる回数もプロが解説

痩身エステって何回くらい通うと効果が出るの?

痩身エステを検討してるけど、サロンがすすめてくる回数が適切なのか、その回数でコースを始めて大丈夫なのか不安になりますよね。

安心してください。

痩身エステは皆様の目標体重やサイズに合わせた適切な回数を、来店頻度をきちんとキープして通えば、正しく効果の実感ができます。

今回は、痩身エステプロの管理人が、痩身エステ効果がきちんと実感できる適切な回数と頻度をプロの視点から徹底解説いたします。

さらに、この記事を読めば「5・10 ・20kg痩せるための適切な回数」もわかりますよ。

 

回数を理解したらお得に回ろう!

痩身エステの体験コースを「はしご」して3kg痩せる方法【プロ監修】

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

痩身エステで効果を実感するための回数

結論から言いますと、痩身エステで効果を実感するための回数は、たった1回の体験コースでも太ももやお腹が1cm~2cm、体重は多い人で1kgほど減ることがあります。

ただ、問題はこの状態を維持しなければ本当に効果が出たことにはなりません。

そのため、痩身エステで効果を本当に実感するには、数回にわたって施術を繰り返し行う必要があります。

「なあ~んだ、それなら痩身エステの効果は一時的なもので、実際には痩せた訳じゃないんじゃないの?」

と言いたくなった方もおられたでしょうか。

実は、この点は一般の方に非常に多い誤解です。

この現象は、皆様のお体が健康体である以上、痩身エステに限らず、他のダイエット方法を行ったとしても同じことが起こるからです。(※この他のダイエット方法との比較については後の項をご覧ください。↓)

人間の体には本来「飢餓本能」というのが備わっており、ダイエット行為を行った体は急激に元に戻ろうと機能し始めます。

そのため、痩身エステでは、施術維持施術維持といったサイクルを繰り返し行うことで、そのサイズダウン状態を皆様の体細胞に徐々に馴染ませていくのです。

どのダイエット方法でも
ダウン維持
を繰り返し管理する必要がある

最低限の目安回数は10回

他人から見て多少の変化が分かる程度の「効果実感の回数」は、痩身エステ業界では一般的に最低限10回ほどとされています 。(※この回数はエステ業界全体の平均相場であり、サロンや、選択するコース内容よっても異なります。)

そのため、ほとんどのサロンでは回数コースの最低回数を10回~12回に設定しているところが多く見受けられます。

つまり、サロン側が「とりあえず少ない回数からお試しいただいてはいかがでしょうか?」としている回数がこの10回~12回ということです。

効果実感は10回

来店ペースを適切に守ることが重要

痩身エステで効果を実感するためには回数もですが、同時に来店ペースをきちんと適切に守ることが重要です。

その理由は、 前項で述べましたように、前回の施術から期間が空くほど体が元に戻ろうと機能してしまうため、施術維持施術維持の正しいサイクルが乱れてしまうからです。

効果を正しく実感するための適切な来店ペースとしては、週に2~3回が理想です。

どのダイエット方法でも
サイクル管理は必須。
痩身エステは週に2~3回が理想

NG来店ペース

痩身エステに通って効果が出ないとおっしゃる方の中には、しばしば次のようなケースが見受けられます。

質問者さま

Q.痩身効果の実感がない

20代後半です。1年で8kg太りました。4か月ほど前から痩身エステに通っています。

週に1回でキャビテーション+リンパマッサージのコースに通ってます。

しかし、4か月たってもまだ1kg程しか痩せていません。

このまま続けてもそんなに効果が得られないと思い始め、エステを中途解約しようかと迷ってます。

A.週1回の来店ペースでは正しい痩身効果の実感はできません。

megumi

結論から言いますと、この質問者様の通い方では痩身エステの正しい効果は実感できません。

なぜなら、週に1回では、前回の施術から体が元に戻ろうとし、施術効果が体細胞に馴染む状態になることが困難となるからです。

つまり、痩身エステは脱毛などと異なり、ただ機械をあてれば効果が実感できるものではなく、来店ペースをきちんと維持することで、正しい痩身効果の実感できる特性のものだからです。

それほど、痩身エステの効果実感には、施術維持施術維持の正しいサイクルを循環させるため、週に1回来るか、週に2~3回来るかで結果が全然異なるのです。

ペースをキチっと管理する

来店ペースの重要性はサロン側の説明も肝心

この来店ペースを守ることの重要性は、サロン側がどれほどお客様にきちんとご説明するかによっても変わります。

言ってしまえば、サロン側はお客様が週に1回、月に1回であっても、あくまでサロンにお越し頂いたお客様へお手入れを提供するのが任務だからです。

しかし、本当に痩身効果をきちんと出す姿勢のあるサロンであれば、この来店ペースの重要性をお客様に説明するものです。

管理人が過去に運営していたサロンでも、この点は常々自社のお客様に申し上げていたことです。

逆に言えば、お仕事のご都合などで来店ペースをきちんと守る自信が無い方は、高額を使って長期回数コースを組むことをおすすめせず、あくまでサブ的な手段として当店をご利用頂いておりました。

そして、お話の趣旨をご理解頂いたお客様のほとんどは、きちんと来店ペースをキープして、サロンに通っていただいておりました。

これは、せっかく高額を使って痩身エステコースを組んでも、効果が出なかったら嫌!という発想はどんな方でも必ずお持ちのため、サロン側は、きちんとその重要性を説明することが肝心なのです。

サロン側からスケジュールを
数字で示してもらう

他のダイエット方法も状態維持の必要性は同じ

結局、痩身エステって10回単位で通い続けなければ効果が維持できないなら、他の手段の方が良いのでは?とがっかりされた方もおられたでしょうか。

しかし、ちょっと冷静に考えてみてください。

人間の体とは、どんなダイエット法を使っても、その状態が半永久的に維持し続けることなどあり得ません。

例えば、流行のダイエット・パーソナルジで、激しい筋トレ+糖質制限(食事制限)のダイエットをしたとしましょう。

しかし、ある日ジムに通うのを止め、元の食生活に戻した場合、果たしてその体型が維持できるでしょうか?

答えはもちろんNOです。

一方、リバウンドしないとされている美容整形の脂肪吸引はどうでしょうか。

確かに、痩身エステやパーソナルジムに比べると物理的に脂肪を抜いていますので、「状態維持」「即効性」という意味では最も優れた方法です。

ただし、美容整形はお体に相当な負担がかかります。

しかも、脂肪吸引を行っても生活習慣を変えなければリバウンドするリスクは同じです。

つまり、ダイエットにおいて重要なのは、どのダイエット方法を選ぶかも肝心ですが、「状態を維持すること」もかなりのウエイトを占めるのです。

どのダイエット方法でも
状態維持
は必須である

おすすめ!
スリムビューティハウス
骨盤ダイエットBeauty

★骨盤ダイエットBeautyの特徴
・医療機関使用のEMSによる骨盤矯正
・東洋医学理論に基く確実な体質・血流改善
・体内毒素排出

★優れた効果、その特徴
ただ痩せるのでは無い!
スリムビューティハウスの理論は自然治癒力を根幹とした東洋医学応用しています。
リバウンドしない痩せやすい体質を形成しながら健康的に痩せていきます。
その第一歩、骨盤ダイエットBeautyを500円で是非ご体感ください!

体重5kg痩せるための回数

痩身エステを利用して、体重5kg痩せるための必要回数は16~20回です。

この回数の内訳は次のようになります。

  • 週2回 × 4週間     = 月8回
  • 月8回 × 2~2.5カ月 = 16~20回 

体重を5kg落とすのに、2ヶ月半?と驚かれたでしょうか。

実は、この5kgとは、元の体重が何kgの方がダイエットをスタートするかによります。

例えば、スタート時点で次のA,Bお2人のお客様がいらっしゃったとしましょう。

  • お客様A -身長160cm・体重57kg
  • お客様B -身長160cm・体重70kg

このお2人の場合、どちらが早く5kgの減量ができるかと言えば、Bのお客様です。

なぜなら、元々付いている脂肪の量が多く1回で減る脂肪量の割合が高いためです。

ところが、Aのお客様は元々BMI(肥満指数)がそう高くないため、同じ5kgの減量を行うにも、1回の施術で減る脂肪量は多くありません。

つまり、ここでの必要回数は、お客様Aのような方を想定し、リバウンドをしないよう、この2ヶ月~2ヶ月半で16回~20回という回数は、最小限の回数(早くて)で算出しております。

脂肪量が多い方が
1回の施術で減る脂肪量が多い

BMI数値が低い方ほどリバウンド率は高い

また、意外にも、BMIが元々低いお客様Aのような方の方がリバウンドの確率が高い傾向にあります。

なぜなら、「自分は元々そんなに太っていない」という油断をしてしまう方の割合が多いからです。

前述しましたように、ダイエットはどんな手段を使って行うかも肝心ですが、いかにその状態を維持するか、いかにリバウンドしないかを含めて考えることも肝心です。

そのため、スタート時点のBMIが低いお客様ほどリバウンドをしないようにゆっくり目のペースで体重を落としていくべきなのです。

状態維持の、
クオリティが高い
→リバウンド率が低い
と、常に考える

10kg痩せるための回数

痩身エステを利用して、体重10kg痩せるための必要回数は36~40回です。

この回数の内訳は次のようになります。  

  • 週2回 × 4週間     = 月8回
  • 月8回 × 4.5~5カ月 = 36~40回 

10kg減量は、痩身エステで減量に取り組まれるお客様の中で最も多いモデルケースです。

この回数は、月に2~2.5kg程度の減量ペースで算出したものです。

もちろん、前項の5kgのケースと同じく、3ヶ月ほどで10kgの減量に成功する方もおられますが、その場合はかなり厳格な食事制限(食事改善)をして頂く必要が出てきます。

このような状況下、急激に大幅な減量をしようとするとご本人の負担もかなり大きくなり、リバウンドのリスクも高まります。

つまり、より確実に10kgの減量に取り組むには、この程度のペースで順調よくサロンに通っていただく方が後々減量した体重をキープしやすくなるのです。

急激な減量
→リバウンドリスクが高まる

20kg痩せるための回数

痩身エステを利用して、体重20kg痩せるための必要回数は60~70回です。

この回数の内訳は次のようになります。

  • 週2~3回 × 4週間    = 月10回
  • 月10回  × 6~7カ月 = 60~70回 

20kg以上の大幅減量に取り込まれるお客様の来店ペースは、可能であれば、2日に1回の週に3回ペースをおすすめします。

この来店ペースをキープした上で、この回数は月に3~3.5kg程度の減量ペースで算出したものです。

前述しましたように、20kg近い減量を目指される方は、単純に元々の脂肪の量が多いため、 1回の施術で落とせる脂肪量も多くなります。

そのため、正しく適切な食事方法と、この週3回の来店ペースをキープすれば、最初は順調よく面白いように体重が減っていくでしょう。(※これは基礎代謝の値が平均から大幅に下回っていない方に限ります。)

ただ、最初は面白いように減りますが、人間の体は1ヶ月に急速な減量を行うと、飢餓本能が働き、たちまちそれ以上体重が減らないように必ずロックがかかります。

つまり、仮に急激に体重を落としても、すぐに停滞期がやってくるのです。

そのため、20kgの減量を目指される方であっても、平均月に3~3.5kgぐらいの減量ペースで落としていくのが理想なのです。

ロックがかかっても焦らない事

痩身エステで効果を実感するには最低回数10回から始めよう

megumi

★今回のまとめです★

今回は、痩身エステ効果がきちんと実感できる適切な回数と頻度をプロの視点から詳しくお話しさせていただきました。

まとめますと、痩身エステで効果を実感するための最低目安回数は10回、来店ペースは週に2回です。

この理由は、痩身エステの効果とは、施術→維持→施術→維持の正しいサイクルをキープしながら繰り返し通うことで、そのサイズダウンした状態の体細胞を体になじませるため です。

また、正しく痩身エステの効果を実感するためには、来店ペースをきちんと週に2回ほどキープしながら通うことが肝心です。

その理由は、前回の施術から期間が空くほど体が元に戻ろうと機能するためです。

この来店ペースを守りながら 、体重5・10・ 20kgの減量を目指すための必要回数と期間はそれぞれ次のようになります。

  • 5kg減量 -16~20回・2~2.5カ月
  • 10kg減量-36~40回・4.5~5カ月
  • 20kg減量-60~70回・6~7カ月

これらの回数は、各目標体重の方に合わせて月2~3kg減量のペースを守った場合の回数です。

その方に合った減量ペースをきちんと守り、無理なくダイエットに取り組むことで 、その方のお体になるべく負担を少なく、後々のリバウンドも防ぐことができます。

ダイエット方法はいろいろあり、いろいろ試していき、好みで決まるでしょう。

しかし、どのダイエット方法でも、状態を維持していく事は同じく、肝心で、必須です。

痩身エステでは、状態維持も、プロフェッショナルのサポートを受けていきます。

これまで痩身エステでダイエットに取り組まれたことのない方は、まずは効果がどのようなものなのか、最低限10回の回数ぐらいからお試し頂いてはいかがでしょうか。

 

回数を理解したらお得に回ろう!

痩身エステの体験コースを「はしご」して3kg痩せる方法【プロ監修】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です