家庭用のキャビテーションは効果ある?業務用との違い・差を解説

「家庭用のキャビテーションでも効果あるかな?」

痩身エステのキャビテーションは料金が高いため、家庭用のキャビテーションを検討してる方はたくさんいます。

ただ、痩身エステで使用している業務用のキャビテーションの効果は家庭用のキャビテーションより圧倒的に高いです。

今回は、家庭用のキャビテーションを検討してる方向けに、業務用との効果の違いについて、痩身エステのプロがわかりやすく解説いたします。

どうしても家庭用で選びたい方におすすめのキャビテーションも紹介しますので是非ご覧ください。

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

キャビテーション家庭用と業務用との違い

家庭用と業務用のキャビテーションの違いを一言で言えば、キャビテーションの超音波から出る周波数と出力が異なるため、痩身効果に影響するパワーが全く違うんです。

では、具体的にどこが違うと痩身パワーにどう影響するのか次にお話いたします。

家庭用と業務用は
パワーが全く違う

キャビテーションの効果に影響するパワーの違いは周波数

キャビテーションの痩身パワーは周波数の数値が低いものほど脂肪にアタックするパワーが強いとされています。

それは、周波数が高いもの、低いものには次のような差が出るからです。

周波数が高い

1分間の振動回数が多く、震度が弱く作り出せる気泡が小さい →脂肪溶解パワーが弱い

周波数が低い

1分間の振動回数が少なく、適度な震度で脂肪層の深いところまで浸透するため、大き目の気泡を作り出すことができる →効率よく脂肪溶解できる

では、実際に家庭用キャビテーション3機種の周波数と業務用キャビテーション3機種と比較してみますと次のようになります。

種別 名称 周波数
家庭用
小型機
美ルルキャビアップ
キャビプラス
キャビスパRFコア
330khz
3Mh(3,000khz)
330khz
業務用 キャビフル
キャビリポ
セルクライオ
30KHZ
25khz
27~28khz

お分かり頂けますように、家庭用キャビテーションの平均周波数は330khz、業務用の人気機種は25~30khz、脂肪層の浅いところにアタックする40khzの機種も人気です。

つまり、家庭用と業務用キャビテーションの周波数は何と約10倍もの差があるんです。

その差は桁違い

キャビテーションの家庭用を購入する意味

キャビテーションの家庭用と業務用ではパワーが10倍も違うなら、家庭用を購入する意味は全くないと感じてしまいますよね。

管理人の見解としては、やらないよりはやった方が…という程度の認識であれば選択肢の1つとしてはアリだと考えます。

確かに家庭用は業務用ほどの高い痩身効果は望めませんが、一番のメリットしては価格が安いことです。

痩身エステで本格的にキャビテーションを受けるには費用と時間がそれなりに必要になるため、すぐに決断できないのも無理はありません。

ただし、くれぐれも家庭用のキャビテーションを使って大幅減量ができる!美脚になれる!などという過剰な期待はしないでください。

では、キャビテーションの家庭用を使ってどのぐらいの効果が出るのかということについてですが、残念ながらこちらに関する詳しいデーターは持っておりません。

ただ、1つの予想としては整骨院などで使用される業務用本格マッサージ機と、お父さんの肩こり用に使う家庭用マッサージ機の効果の差をご想像頂ければ、よりイメージが近いのではないでしょうか。

キャビテーション家庭用人気ランキング3選!予算重視の方に

では、この項では皆様がお求めしやすい価格帯の家庭用キャビテーション人気ランキング上位3位の商品3選をご紹介しましょう。

1位 美ルルキャビアップ ¥29,800

https://item.rakuten.co.jp/yancomstore/belulu_caviup/

美ルルキャビアップは楽天市場ランキングトップの人気商品です。

キャビテーションの他にRF(ラジオ波)、EMS、LEDライトの4機能が付いたマルチ型家庭用キャビテーションです。

2位 キャビプラス  ¥29,800

https://item.rakuten.co.jp/ninez-onlineshop/caviplus2017/

キャビプラスも楽天ランキング上位に毎回ランクインする人気商品です。コロンとしたフォルムが何とも可愛いですよね。

こちらも同じくRF(ラジオ波)機能とEMSの3機能が付属しています。ただし、周波数はやや高めの3MHZ(=3000khz)です。

3位 ヤーマン キャビスパRFコア ¥34,000

https://item.rakuten.co.jp/rikaryo/b-cavispa/

キャビテーション周波数/ 330khz

ヤーマンはエステの業務用機器も生産している美容機器の大手メーカーです。

キャビスパはヤーマンの人気シリーズで、この機種にはキャビテーション+RF(ラジオ波)+EMSの3機種付きです。

周波数は330khzです。お顔用としても定評のある人気機種です。

キャビテーション家庭用でも業務用と同等パワーの商品もあり

近頃では家庭用でも業務用に近いパワーの機種も多く発売されており、これらの機種であれば本格痩身パワーが期待できます。

前述しましたように、業務用キャビテーションの平均周波数は25~30kzですが、サロンによっては40khzの機種と使い分けているところも少なくありません。

40khzのキャビテーションは日本人の皮下脂肪に合っている周波数とされており、部分痩せ程度であれば一定の効果が期待できます。

ただし、大幅減量に取り組まれたい方はこの機種だけでは不十分ですので、この機械だけを使用して何10kgも減量できる!という期待はされないようにお願いします。

次にご紹介する家庭用キャビテーションは、業務用として使われる平均40khzの周波数の出力が可能な機種です。

ただし、本格家庭用の購入予算は最低¥200,000前後の物をおすすめします。(家庭用機械に¥200,000投資するなら痩身エステに行けそうですが)

業務用と同等パワーの
家庭用もある

キャビテーション家庭用おすすめ本格機種

では、ダイエットいろはおすすめ家庭用本格キャビテーション2選をご紹介致します。

インフィニゼロ INFINITI ZERO ¥198,000

https://item.rakuten.co.jp/youstyle050/10000078/

周波数/ 40khz

こちらは、キャビテーション+ラジオ波の複合機で、楽天ランキング上位の人気機種です。

吸引機能も付いているため、マッサージ不要で体外排出効果を上げてくれます。

キャビスタープロ ¥194,800

https://item.rakuten.co.jp/stylegate-cavi/cavistarpro-set/

こちらもキャビテーション+ラジオ波の複合機です。

この機種のおすすめポイントは、28~40khzと、家庭で使用できる機種であるにも関わらず周波数が調節できることです。

周波数の幅を広げることで深い脂肪層、浅い脂肪層、どちらの脂肪にもアプローチ可能です。

キャビテーション家庭用を使用する上での注意点

キャビテーションの家庭用を使用する上で次のような注意点に気を付けてください。

必ず専用ジェルを塗布して使用すること

https://item.rakuten.co.jp/moise2/pyr-c010009/

当然ですが、キャビテーションを使用する際には必ず上記のような専用ジェルをお体に塗布した上で施術を行ってください。

くれぐれもジェルが無くなった…から無しで使用することは避けましょう。

なぜなら、ジェル無しで使用しても体に通電しないため、痩身効果が望めないからです。

・施術前後の食事のタイミングを気をつける

キャビテーションの使用前後の食事のタイミングはサロンと同様ですが、施術後は吸収率がかなり上がっているため施術後2時間は食事を避けましょう。

また、施術前も2時間前までに軽く食事を済ませてください。画像のような満足度の高い具だくさん野菜スープなどがおすすめです。

・施術後は軽くマッサージし、岩盤浴、ヒートマットで排出

https://item.rakuten.co.jp/moise2/mat-1001_s/

キャビテーションは機械をただ体にあてるだけでではサイズダウンは見込ません。

肝心なことは溶解した脂肪の体外排出です。

施術箇所を5~7分ほどマッサージし、岩盤浴などで汗を掻いて体外排出をしましょう。

岩盤浴に行けない方は、画像のような家庭用のヒートマットがおすすめです。

 

ジェルを必ず塗布

食事は2時間前に軽く済ます

体外排出を行う 

キャビテーションの家庭用は知識を知って正しく使用を

megumi

★今回のまとめです★

今回は、キャビテーションの家庭用と業務用の効果の違いについて、詳しく解説させて頂きました。

まとめますと、キャビテーションの家庭用と業務用の違いは次のように周波数の出力が10倍ほど違います。

  • 家庭用-330khz
  • 業務用-25~30khz

つまり、家庭用に過剰な効果の期待を望むことは難しいでしょう。

ただし、近頃では家庭用の中にも販売価格約¥200,000前後の業務用と同等の40khzの周波数が出る大型機が発売されていますので、この程度の機種であれば業務用とほぼ同等の効果が見込めるでしょう。

また、ご自宅で家庭用キャビテーションを使用する上では次のような点に気をつけてください。

  • 専用ジェルを必ず塗布する
  • 食事は施術前は1時間前迄に済ませ、施術後2時間は空ける
  • マッサージ、岩盤浴、ヒートマットなどで体外排出を

キャビテーションの家庭用をご自身で使用するメリットは、いつでも手軽使えて予算を安く抑えられることです。

しかし、くれぐれも痩身エステの施術とはあくまで別物であるという認識で、正しい知識をもってご自身のダイエット補助機械として購入を検討されてくださいね。

 

★管理人が体験!
管理人が体験してきた痩身エステサロンの体験レポートこちらから是非ご覧ください。

痩身エステの体験コースを「はしご」して3kg痩せる方法【プロ監修】

★自分の街のサロンで体験コースをはしご!
渋谷だけではしご、横浜だけではしご・・
自分の地域だけで回れる体験コースのはしごプランは
こちらからご覧ください。
(※入ってすぐ下にこんなメニューがあります)

キャビテーションとは?仕組みと効果を痩身エステプロが徹底解説

痩身エステ前と後の食事は何が良い?効果を上げる食事をプロが伝授!

痩身エステ効果が出る回数と頻度は?5・10・20kg痩せる回数もプロが解説

痩身エステでリバウンドする可能性は?他方法との比較・対処法をプロが解説

ホットヨガと痩身エステ併用はダイエット効果絶大!サロンプロがおすすめも伝授

★今度こそ成功したいダイエット!
いろいろ試したけどうまくいかない(>_<)
痩せるコツ、食事、痩身エステ、機械・・
全くわからない方も、もっとうまくやりたい方も、
ダイエット成功への近道はこちらをご覧ください。

ダイエットの成功のために知っておきたいこと

★痩身エステをもっと知りたい!
何回通えば何キロ痩せる?
通ってる時の食事はどうしたらいい?
予算はどれくらい?体験は?

全部お答えします。

痩身エステに行く前に、是非こちらをご覧頂き、痩身エステを効率よく活用しましょう!

痩身エステについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイト限定キャンペーン【3月31日まで】
たかの友梨が12回9800円!
申し込みはこちら