脚痩せを自宅で簡単に!正しいダイエット・マッサージ方法で効果が違う!【プロ伝授】

ユーザーさま

「自宅での脚痩せダイエット方法ってどんなの?

話題の美容系ユーチューバーのよくある1週間脚痩せダイエットとかの効果は本当?」

今、ユーチューブの脚痩せダイエット動画は爆発的な再生回数を誇る人気ぶりですよね。

脚痩せダイエットは、正しく行えば自宅ケアでもちゃんと効果が期待できます。

ただし、ユーチューバーさんの脚痩せ方法動画は参考になりません。

今回は、元エステサロンオーナーでダイエットのプロ、サロンで着圧商品も販売していた管理人が、皆様がご自宅でお役立ていただける自宅脚痩せダイエット方法、そして気になる脚痩せ動画内容も徹底解説いたします。

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

自宅脚痩せダイエット方法の効果

毎日のルーティンで行いたい・自宅脚痩せダイエット法は次の3ステップです。

①半身浴30分

②脚マッサージ

③就寝用着圧レギンスを履いて寝る

上記①~③に加え、通勤時にウォーキングを行って頂くことも併せて推奨いたします。
(※当サイト推奨正しいウォーキング方法はこちらをご覧ください。)

ダイエットの運動はウォーキングのみで十分!理由・効果をサロンオーナーが解説

ユーザーさま

「え?これだけ?

こんな方法ならユーチューバー動画にいくらでもでてるのでは?

プロが教えてくれるっていうから、もっと特別な方法だと思った」

「自宅できる脚痩せ方法とは、決して特別な方法ではありません。」

megumi

ただし、ユーチューバーさんが動画で配信している方法とは、同一ではありません。

この辺りの詳細は、後の項をご覧ください。

正しい半身浴方法

半身浴は自宅脚痩せダイエット方法の定番です。

しかし、半身浴が効果があるとわかっていても、適切に実践できてる方は多くありません。

質問者さま

Q.半身浴とカロリー制限併用で効果がない!

ダイエット中の学生です。

毎日1時間の半身浴とカロリー制限で3kg落としました。

でも、毎日半身浴が辛いと感じ、3日前から止めました。

今まで水分不足で、半身浴止めた日から水分を多く摂ってます。

すると、みるみる体重が戻ってしまいました。

半身浴にダイエット効果がないのは承知してます。

でも、カロリー制限と併用で意味がないのはどういう事ですか?

A.減った体重は、ダイエットで痩せた訳ではないからです。

megumi

この質問者様が実践し、減った3kgの体重は水分が抜けていた」だけです。

「不足していた水分+カロリー制限による食事の水分」

上記2つが重なって3kg減になっただけですので、脂肪が減ったのではありません。

水を普通に摂るようになれば一挙に水分が吸収し、体重は戻ります。

注意点

 ダイエットにおける正しい半身浴の注意点は、次の3点です。

  • 半身浴は20~30分程度(長湯はNG)
  • 入浴30~40分前後にコップ1杯程度の水をこまめに摂る
  • 夜は食前、あるいは就寝1時間前に入浴

半身浴で痩せないと感じる方に多いのは、

「長く入浴する=痩せる」

という思い込みです。

しかし、これはとんでもない間違いです。

そもそも、脚痩せで半身浴を行う目的は、それ自体で体重を落とす事ではありません。

ゆっくり下半身を長くお湯につけることで、下半身の血流・代謝アップを狙うためです。

長湯のし過ぎは、体に本来あるべき水分が過剰に抜けて逆効果になります。

また、お水を適切に摂ることも重要です。

くれぐれも一気飲みせず、入浴前後30~40分にコップ1杯程度をこまめに摂りましょう。

半身浴に適切な時間帯は食前、あるいは就寝1時間半前が適切です。

夕食直後にお風呂に入るのは胃に負担となり、消化にも良くないため避けましょう。

ユーチューバーさん脚痩せマッサージ方法の真偽を検証

質問者さま

A.YouTuberの自宅脚痩せ動画の効果は本当

美容系YouTuberさんの動画をよく見ます。

脚マッサージ、着圧レギンスでそんなすぐ痩せますか?

1週間でとか言ってますが、そんなのは可能ですか?

ユーチューバー脚痩せ動画は全てデタラメです!

再生回数増やして小銭を稼いでるだけです。

マッサージに脂肪燃焼効果なんかありません。

回答者さま

動画内容80%は演出と考えましょう。

megumi

マッサージは適切な方法で行えば効果が期待できます。

youtuber動画内容は演出と受け取ろう

結論から言いますと、ダイエット・プロでない方の動画内容は鵜呑みにできません。

100%デタラメとは思いませんが、80%ぐらいは演出だと受け取るべきです。

特に、近頃は「1週間で」など、短期間実践方法の再生回数の伸び率が凄まじいです。

反対に考えれば、そうでないと再生されないので演出がどんどん過激になっているのです。

しかし、それは視聴する側の皆様も、冷静になって判断する必要もあるのです。

ここで管理人がプロとして、はっきり申し上げましょう。

いかなる方法でも、自宅ケア1週間で太ももを何cmも落とすのは不可能です。

質問者さま

「でも、太もも、ふくらはぎが1週間で落ちた記録の動画もあるけど!」
「はい、それこそ管理人も凄まじい数の人気脚痩せ動画を全て調査しました。」

megumi

彼女たちの「1週間」と期限を切ってる動画は、ほぼ次の条件に該当する内容ばかりです。

  • 顔無しの場合は動画本人でない可能性あり
  • 本当に実践したかの客観的な裏付け・証拠がない
  • 計測結果は、ユーチューバーさん本人の口頭申告が多い
  • メジャーの計測方法が適切でない(実践前は緩め→実践後はきつめなど)

では、実際の動画の例を参考に検証してみましょう。

視聴する皆様の判断が重要

以下は、あるティーンズ層向けユーチューバーの方の「1週間脚痩せ動画」です。↓

・赤味がでるほど潰すように揉みほぐし

動画中では脚マッサージ法、着圧レギンスのおすすめ方法について語っておられます。

・化粧水・乳液で強めのマッサージはNG

・強着圧のレギンスで脚パカはNG

まず、この動画で明らかなNG・問題箇所は次の①~④です。

①そもそもこの回は動画の本人でない

②赤味が出るほど強く揉む・握りつぶすのは非常に危険

③化粧水・乳液類でマッサージするのは逆効果

④着圧の強いレギンスで脚パカはNG
(※レギンスの正しい着用方法は次の項をご覧ください。)

正しい着用方法

質問者さま

「え?本人じゃないってどういうこと?」
「この動画は他の回は本人の顔出しありですが、なぜかこの回だけ顔出しがありません。」

megumi

と、いうことは…。ですね?(笑)(※80~90%程度の確率です。)

そして、マッサージ方法、化粧水類のお話も全く間違ってます。

素人の皆様が赤味がでるほど太もも、ふくらはぎを潰す行為は非常に危険です。

セルライトを潰す手技方法は、プロが何年も修練を積んでようやく可能となります。

動画中のように、赤味が出るほどグリグリやってしまいますと、血流を返って悪化させ、あざの元となります。

また、これほど強く脚をぐりぐりするのに、滑りの悪い化粧水を使用するのはNGです。

 この点は、他のユーチューバーの方の動画にも同様の演出がありました。

質問者さま

「え~!

ユーチューバーさん達ってそんなウソつきなの?」

「それは、ちょっと違います。」

megumi

要するに、内容をガチで受け取ってはいけない・鵜呑みにしてはいけないってことです。

リアクション芸人の出川さんなどと同じと考えれば、大きな問題じゃないです。

見る側の皆様もテレビの芸人さんと同じで、あくまでユーチューバーさんの演出と考えましょう。

プロが伝授する正しいマッサージ方法と比較しよう

プロのエステティシャンが伝授する、脚痩せマッサージ方法をご紹介しましょう。

脚マッサージを始める前に、次の準備を行ってください。

  • 秋冬の季節は部屋を暖かくして行う
  • 手は必ず温かい状態にしておく(お風呂上りなど)
  • 必ず、オイル・専用マッサージジェルなど滑りの良いコスメを使う
  • マッサージの下は、バスタオルを引いておくのがおすすめ

今回は、茨城県にあるエステサロンの先生の動画で解説させて頂きます。

詳しい手順は、以下の動画をご参考にされてください。↓

https://www.youtube.com/watch?v=szEkgeoj5GI

①脚全体にオイル・またはジェルを塗布し、馴染ませます

②まず、最初は脚の甲からです。
画像のように、脚の甲に親指で圧をかけながら弄っていきます。

③次に足裏です。
画像のように、土踏まずの部分を中心に圧を加えながら、親指を前後に動かしてください。

④ふくらはぎのマッサージ
次のふくらはぎは、セルフで行いやすいように、脚をクの字に曲げて行いましょう。
同じく親指を使って、足首から膝上までふくらはぎの右、真ん中、左からと圧を加えます。

⑤ひざ上のマッサージ
次にひざ上です。意外にここも老廃物が溜まっています。
親指でひざまわりの形に沿って、クリクリと流していきます。

⑥太もものマッサージ
最後は太ももです。
内ももの下側~外へ向かって、手をクロスさせて流していきます。

⑦最後に脚先から太ももまで、全体的に流します。
この最後の軽擦を行うことで、下半身全体のリンパが流れ、体外排出しやすくなります。

上記のマッサージステップは、プロ仕様の本格的な手技内容です。

毎日のルーティンとして続けて頂ければ、2ヵ月ほどすると脚痩せ効果が実感できます。

もちろん、それには使用コスメも脚痩せ専用・プロ仕様のものがおすすめです。

では、管理人おすすめの着圧レギンスとセットのおすすめコスメをご紹介しましょう。

自宅脚痩せケアおすすめ商品はスム―セル

脚痩せマッサージの後は、就寝専用の着圧レギンスを履いてお休みください。

夜用着圧レギンスは1日の脚のむくみ、寝てる間の姿勢矯正効果が期待できます。
(※着圧レギンスの効果・正しい夜用着用方法はこちらをご覧ください。)

正しい着用方法

今回本記事内でご紹介したご自宅脚痩せケアとして、おすすめのなのが「スム―セルです。

SMOOCELLスム―セルは、エステサロン業務用として開発された本格コスメです。

しかも嬉しいことに、専用着圧レギンスが、毎月新しいものがセットで送られてくるのです。

ユーザーさま

「え?着圧レギンス付?しかも毎月新しいのが届くの?」
「はい」

megumi

専用ジェルの定期便をお申込みいただくと、着圧レギンスが一緒に毎月新しいものが届くのです。

スム―セルの着圧レギンスは、コスメと共に脚痩せ専用に開発されたものなのです。

これはエステサロン業務用メーカーならではの配慮です。

脚痩せには、マッサージと着圧レギンスが必須であることがわかってるからです。

実際に購入された方の口コミ評価も上々です。

〇ピックアップ口コミ

https://www.cosme.net/product/product_id/10163744/review/507369804

https://www.cosme.net/product/product_id/10163744/review/507369804

こちらはアットコスメの抜粋ですが、珍しく1つも悪い口コミの方が見当たりません。

口コミ2の方は、ジェルの使用感のことをおっしゃってますよね。

それもそのはず、スム―セルは9種類のオイル成分+セルライト除去成分が配合されているのです。

ジェルは洗い流さず、そのまま着圧レギンスをお召し頂けるので脂肪燃焼の相乗効果も期待できます。

同じ自宅ケアを行うなら、効果が確実に期待できる脚痩せコスメセットをぜひご使用ください。

自宅脚痩せダイエットは適切な方法で行えば効果あり!

megumi

★今回のまとめです★

今回は、皆様がご自宅でお役立ていただける自宅脚痩せダイエット方法、そして脚痩せ動画についても併せて解説させて頂きました。

まとめますと、当サイト推奨の自宅脚痩せダイエット法は次の3ステップです。

①半身浴30分

②脚マッサージ

③就寝用着圧レギンスを履いて寝る

上記①~③に加え、通勤時にウォーキングを行って頂くことも併せて推奨いたします。

自宅脚痩せマッサージの効果については賛否両論あります。

賛否両論がある理由は、今話題の脚痩せユーチューブ動画の氾濫です。

現在、ユーチューブの中でも脚痩せ部門は非常に人気があり、爆発的な再生回数となってます。

しかし、こういった素人ユーチューバーの方が動画中で行う脚痩せメソッド内容は鵜呑みにできません。

特に、「1週間脚痩せ」などと期限を切ってる動画は、ほぼ次の条件に該当する内容ばかりだからです。

  • 顔無しの場合は動画本人でない可能性あり
  • 本当に実践したかの客観的な裏付け・証拠がない
  • 計測結果は、ユーチューバーさん本人の口頭申告が多い
  • メジャーの計測方法が適切でない(実践前は緩め→実践後はきつめなど)

上記のことから、脚痩せダイエット動画はあくまでエンターテインメントと考えてください。

自宅脚痩せダイエットは、正しい知識で正しい方法で行えば効果はきちんと期待できます。

この点は元エステサロンオーナーの管理人がプロとして、明確に申し上げられます。

まず、ダイエットにおける正しい半身浴の注意点は、次の3点です。

  • 半身浴は20~30分程度(長湯はNG)
  • 入浴30~40分前後にコップ1杯程度の水をこまめに摂る
  • 夜は食前、あるいは就寝1時間前に入浴

脚痩せマッサージの具体的な方法は、今回本記事内でご紹介したプロの正しいメソッドをご実践ください。

脚痩せマッサージの効果をよりたかめるために、当サイト推奨のおすすめ商品が

「スム―セル」です。

スム―セルは、脚痩せ専用コスメ+専用着圧レギンスがセットになったものです。

今なら、初回セットで¥1,980でお試しになれます。

この激安キャンペーン期間中にぜひ一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です