【DNA】遺伝子検査はダイエットで必須!遺伝子検査が安い・無料の痩身エステサロン

糖質やカロリーをキッチリ計算してダイエットしたのになんで痩せないの?と悩んでいませんか。

それは皆様の遺伝子とそのダイエット法が合っていないからかもしれません。

その悩みを解決してくれるのが話題の遺伝子検査(DNA)です。

今回は、瘦身エステのプロが話題のダイエット遺伝子検査についての正しい知識、活かし方、そして遺伝子検査を無料で受けられる痩身エステサロンをご紹介いたします。

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

DNA遺伝子検査のダイエット用とは

ダイエット用遺伝子検査とは、正確には肥満体質遺伝子検査と呼ばれます。(※遺伝子検査キットの発売元によって名称は異なります。)

この検査はダイエットにおいて自分が糖質、あるいは脂質を代謝しにくいなど、どのような原因で太りやすいのか、どんなダイエット法が成功しやすいのかを肥満遺伝子レベルからの体質レベルを判定できるものです。

一般的に肥満の原因とは食事や運動など生活習慣が大半を占めますが、近年の研究ではもう1つの原因に、両親、あるいは片親から受け継いだ肥満遺伝子も全体の約20~30%ほどの割合を占めることがわかってきたのです。

検査方法は簡単で、綿棒で頬の内側の粘膜を細胞を取って、検査機関に送り返すだけです。

では、最も最低限の検査キットでわかる4つの判定結果について次にお話しいたしましょう。

判定する事で自身に適切な
ダイエット方法を計画できる

糖質?脂質?遺伝子検査キットの4つの判定方法

肥満遺伝子には約10種類はあるとされていますが、最低限の検査キットで判定がでる肥満遺伝子は主に次の4つです。

りんご型 (β3-AR)遺伝子
  糖質の代謝が約200kcal低い。
お腹に脂肪が付きやすく内臓脂肪が多い。
男性に多いタイプ。日本人の34%に存在。
糖質制限寄りのダイエット、有酸素運動が適切。
洋なし型 (UCP1)遺伝子
  脂質・脂肪の代謝が約100kcal低い。
下半身に脂肪が付きやすく皮下脂肪が多い。
女性に多いタイプ。日本人の25%に多い。
脂質制限寄りのダイエットが適切。
バナナ型 (β3-AR)遺伝子
  脂質+たんぱく質の代謝が異常に高い。
逆肥満遺伝子。筋肉が付きにくい。
しかし、一度太ると痩せにくい。
ダイエット時に筋トレを行うことで
100~300kcal基礎代謝が上がる。
栄養バランスを整える+筋トレのダイエットが適切。
アダム・イブ型 肥満遺伝子無し。

また、上記以外にりんご+洋ナシ型などの混合タイプ、高カロリー商品消費型といったタイプもあります。

主に4つのタイプ

肥満遺伝子と基礎代謝の関係

ダイエットと基礎代謝が密接な関係にあることは皆様ご存じの通りです。

遺伝子検査では、糖質や脂質など特定の栄養素、筋肉の付きにくさなど、あらゆる側面からその人の代謝能力を判定することができます。

例えば、りんご型の方は糖質の代謝が通常より200kcal低いため、ダイエットは糖質制限寄りの方法をメインに行う方が成功しやすいことになります。

一方、洋ナシ型の方は脂質の代謝が通常より100kcal低いため、ダイエットは脂質制限寄りの方法をメインに行う方が成功しやすいことになります。

また、肥満遺伝子には糖質も脂質も両方代謝しにくい方も存在するため、このような方はどちらの要素も含んだダイエットが適切ということになります。

DNA遺伝子検査のダイエットへの活かし方

遺伝子結果のダイエットへの生かし方は、自分が代謝しにくい栄養素を意識的に控えそれ以外の栄養素を摂取して基礎代謝を上げることです。
(※この方法に関しての詳細はこちらの記事をご覧ください。)

結論!成功するダイエット食事方法は辛い制限をしないこと

当方が大手痩身エステサロンで入手した情報によりますと、痩身エステに通う女性の80%以上が遺伝子検査で「洋なし型」の判定が出ている方とのことです。

確かに洋なし型は下半身に脂肪がたまりやすいため、痩身エステに通うお客様層が多いのもうなずけますよね。

洋なし型の方は「脂質代謝が悪い」ことが肥満に繋がる原因とされていますので、適したダイエット法としては脂質を控える=カロリー制限寄りの方法ということになります。

しかし、管理人としては、洋ナシ型さんのこのダイエット法に待った!をかけます。

なぜなら、管理人が運営していたサロンではカロリー制限をメインとしてダイエット成果の出た会員様がほぼいなかったからです。

では、その具体例を次にお話しいたしましょう。

洋ナシ型が陥りやすい誤ったダイエット方法

ここでは、遺伝子検査で洋ナシ型の判定が出てカロリー制限に取り組まれた女性のダイエットのお悩み例がネット上で見受けられましたので、一緒に検証していきましょう。

質問者さま

Q.洋ナシ型でもカロリー制限で減らないのはなぜ? 

私は30歳女156cm55㎏、遺伝子検査で洋ナシ型です。

食事は1日1300~1600kcalに抑えるカロリー制限をしています。

運動は週に3回ジムにいっています。

しかし、体重・体脂肪1kgも減りません。

自分では完璧なつもりですが、、もう何も食べたくない気分です。

どうしたら良いですか?

●食事内容

おにぎり1個
ゆで卵1個
トマトジュース
会社のお弁当(内容は日替わり)
ごはんは150g
おかずは揚物残す
主食は押し麦ごはんやこんにゃく米
おかずは魚など油を抑えたおかず
サラダ
豆腐など
間食 会社でAM・PM1杯ずつブラックコーヒー
たまに貰ったチョコ1個とか

A.カロリーの数値管理だけでは痩せません

脂質を控える=やみくもにカロリーの数値だけを落とすのは間違いです。

脂肪を燃やしてくれるもの、ミネラル、ビタミンが不足した食事制限は痩せません。

megumi

ご本人がおっしゃっていますように、この質問者様のメニューは一見しますときちんと脂質を控えた完璧なカロリー制限に見えます。

しかし、上記のメニューには次のような「脂肪を燃焼させる・代謝を上げる品目」が著しく不足しています。(※こちらに関しての詳細はこちらをご覧ください。)

単品食はNG!1日最低10品目以上摂取

脂質制限でカットするべきは悪質脂質!良質な脂質は必須

脂質全てが太る油な訳ではありません。

人間の細胞を正常に保つ上で良質な脂質は欠かせない栄養素の1つであり、必須の栄養素です。

なぜなら、脂質は自分で作り出すことができないからです。

いわゆる肥満の元となる悪質な脂質は次のようなものです。

●悪質な脂質

  • コンビニ弁当に多い揚げ物
  • インスタント食品
  • マーガリン
  • ハム、ウインナーなどの添加物入り加工食品

 

一方、オメガ3、6脂肪酸など良質な脂質は体内エネルギー消費に必須の脂肪なのです。

〇良質な脂質

  • エゴマ油
  • オリーブ油
  • ごま油
  • ココナッツオイル
  • アボガド
  • ナッツ
  • サーモンやDHAが含まれる魚の油

つまり、これらの良質な脂質を摂取することにより、エネルギー代謝を上げ脂肪の燃焼にも一役買ってくれます。

摂取すべき大事な脂質がある

ビタミン・ミネラルが不足すると代謝が上がらない

悪質な脂質を含む食品には著しくビタミン・ミネラルも不足している場合が多いです。

ビタミン・ミネラルが不足すると、今度は糖質も消費できなくなります。

勘違いしてはいけないのは、遺伝子検査で洋ナシ型と判定が出たからといって、「糖質で太らない」訳ではないのです。

ビタミン・ミネラルが不足した食事ではご飯などの糖質が脂肪に変わらないようにカットしてくれる食品も不足、結果的にエネルギー代謝を下げる元にもなります。

カロリー制限をしようとすると、カロリーの数値ばかりを一生懸命計算しようとされる方が少なくありませんが、肝心なのは栄養素の品目を増やすことであると認識を切り替えてください。

摂取栄養素の品目を増やす

お肉の脂身は上質な肉のものならOK

脂質と言えばみんな大好きお肉の脂身はどうかが気になるところですよね。

結論から言いますと、牛肉、豚肉の脂身は高級なブランド肉ならOK。輸入肉などの場合は洋ナシ型など脂質代謝が悪い方の過剰摂取はおすすめできません。

和牛、ブランド国産豚など高級なお肉の脂身飽和脂肪酸が少ない飼育がされているため、脂質が多いからとそう神経質になることはないのです。

ただし、輸入牛・豚の脂身の過剰摂取は控えましょう。

また、食肉の中でダイエットに最も良いとされる鶏肉にも皮には多くの脂質が含まれています。

鶏皮の脂質良質な脂質である飽和脂肪酸がほとんどのため、むしろ適度に摂取することをおすすめします。

DNA遺伝子検査が受けられる場所・費用

ここでは、遺伝子検査が受けられる場所・費用相場を次にまとめております。

遺伝子検査費用の相場は1回¥5,000~¥30,000程度のものまでグレードがあり、高額なものになるほどより詳しい結果がわかります。

・ネット通販

遺伝子検査ダイエット用とネットで検索すると、多数の検査キット情報が出てきます。

有名どころではDHCなどが¥5,000~受けられる安価な検査キットを販売しています。

ただ、この価格のキットでわかる判定結果はざっくりとしたものしかわからないため、さらに詳しい判定結果をご希望の方は¥7,000前後のキットをおすすめします。

・DHC https://item.rakuten.co.jp/dhcshop-2/8000040020/

・DNA SLIMディーエヌエースリム https://item.rakuten.co.jp/welfare-channel/dnaslim/

・痩身エステサロン

痩身エステサロンでは、お客様に効率の良い食事指導を行うために提携検査機関に遺伝子検査を依頼します。

費用はマチマチですが、1回¥20,000~¥30,000ほどのサロン、あるいは一部の良心的な大手サロンでは無料で受けることができます。

・スポーツジム・肥満外来の医療機関

いくつも支店をもつ大手スポーツジム、肥満外来の医療機関でも痩身エステサロンと同様の費用システムで提携検査機関にて遺伝子検査をおこなってくれます。

DNA遺伝子検査が安い・無料の痩身エステサロン

近頃では、痩身エステもお客様のダイエットの成功率を上げるためには遺伝子検査の重要性をわかっているため、費用を安く、あるいは無料で遺伝子検査を行ってくれるサロンも増えています。

痩身エステは女性の体を知り尽くしていますので、女性の体質に合わせて遺伝子検査の判定を効率よく生かしてくれます。

ここでは、遺伝子検査費用が安い・無料で行ってくれる痩身エステをご紹介します。

フェイバリックスグループBLV

フェイバリックスグループBLVでは、何と無料で遺伝子検査を行ってくれるんです。

美容機器開発・卸メーカー直営のフェイバリックスグループの直営サロンであるギンザブルー。

自社の独自痩身ノウハウを生かした結果にこだわるサロンです。

フェイバリックスグループBLVでは契約コースの金額は関係なく希望すれば検査を行ってくれますので、これだけでも体験に行く価値がありそうです。
(※管理人が体験したフェイバリックスグループBLVの遺伝子検査はこちらをご覧ください。)

脂肪測定機スタイルスキャナーで脂肪筋肉の構造チェック

フェイバリックスグループの体験予約・公式サイトはこちら

(※管理人が体験したフェイバリックスグループの体験レポートはこちらです。)

フェイバリックスグループBLVの痩身エステ体験レポ!勧誘ない?

★フェイバリックスグループをもっと詳しく知りたい!
管理人体験レポート、効果、料金・・
隅から隅まで知りたい!
もっと詳しく知りたい方は、こちらを是非ご覧ください。

ジェイエステティック

ジェイエステティックでは、何と初回のエステの施術体験+遺伝子検査を¥8,000で受けることができます。

安価で地域密着型のアットホームな老舗サロンのジェイエステティック。

脱毛やフェイシャルメニューも有名ですが、痩身エステの技術も定評があります。

体験施術後・遺伝子検査結果の判定後にプロのダイエットアドバイスも受けられます。

これなら、市販の検査キットを購入するよりずいぶんお得ですので、ダイエットプランをプロにアドバイスして欲しい方におすすめです。

ジェイエステティックの体験予約・公式サイトはこちら

DNA遺伝子検査は効率良いダイエットの強い味方

megumi

★今回のまとめです★

今回は、話題のダイエット遺伝子検査についての正しい知識、ダイエットへの生かし方、そして遺伝子検査を無料で受けられる痩身エステサロンをご紹介いたしました。

まとめますと、ダイエット用遺伝子検査とは糖質・脂質など自分がどんな原因で痩せやすいのかが判定できる肥満遺伝子検査です。

最も最低限な検査でわかる判定結果は、次の4つです。

りんご型 糖質の代謝が弱い。
糖質制限寄りのダイエットが◎
洋ナシ型 カロリー制限の代謝が弱い。
脂質制限寄りのダイエットが◎
バナナ型 糖質・たんぱく質の代謝が高い。
太ると痩せにくい。
アダム・イブ型 肥満遺伝子なし。

遺伝子検査結果をダイエットに生かす上での注意点は、判定の出た方の脂質などの栄養素だけを極端に制限する食事法はNGです。

三大栄養素以外にもビタミン、ミネラルなど栄養バランを重視した食事を意識するように心がけましょう。

一方、遺伝子検査の判定を生かしてプロのダイエットサポート、アドバイスをもらうなら痩身エステがおすすめです。

また、遺伝子検査を安く、または無料で行ってくれるおすすめサロンは次の2つです。

ぜひ活用して効率良く必ずダイエットを成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)