チートデイはおすすめできない!カロリー・食事・糖質制限に意味ない理由をプロが解説

ユーザーさま

「食べたいものをひたすら我慢するダイエットが辛い…。」

ストレス発散に次のチートデイには食べ放題!などと考えていませんか?

ちょっと待ってください。

そのチートデイと食事制限の繰り返しが、既に痩せられない体になっていく入口になるのです。

今回は、元サロンオーナーの管理人がカロリー・食事・糖質制限時のチートデイがおすすめできない理由を徹底解説いたします。

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

チートデイがおすすめできない理由

結論から言いますと、当サイトとしてはチートデイをおすすめしません。

ユーザーさま

「え~なんで?イマドキのダイエットにチートデイはもはや常識では?」
「理由は次の4点です。」

megumi

  • 効果についての正確なエビデンスなし
  • 元々上級者用のテクニックである
  • 方法についての勘違い・誤解も多い
  • 胃腸・消化・代謝機能に支障が出る恐れあり

また、チートデイとは「食事」「制限」している方が行う前提の方法です。

当サイト推奨ダイエット法は、「食事制限ではなく「食事改善の理論であることをご承知おきください。

チートデイについておさらい

チートデイをご存知ない方のために、改めて簡単におさらいしておきましょう。

チートデイとは、ダイエットの停滞期に好きなものを好きなだけ「爆食いする」ことです。

その語源は書いて字のごとく、英語の「cheat=騙す」という意味です。

ダイエットにおける停滞期のメカニズムは、「停滞期編」でお話させて頂きました。
(※停滞期についてのメカニズムはこちらをご覧ください。)

ダイエット停滞期の乗り越え方|3000名を痩せさせた痩身エステオーナーが解説

食事制限を長期間行うと、体は飢餓と反応するため「ホメオスタシス」が発動します。

チートデイは、その飢餓と反応している状態であるホメオスタシス機能を逆利用することです。

爆食いすることで体と脳に飢餓だと反応させないようにするという理論です。

ハリウッドセレブも実践しているダイエット法ということで話題となり、今ではダイエットの半ば常識のように広まりました。

暴飲暴食=痩せる訳がない

管理人がチートデイがおすすめできない最大の理由は、メカニズム云々ではありません。

その答えはとてもシンプルです。

改めて皆様に冷静に考えて頂きたいのです。

「暴飲暴食して痩せる事に繋がると思いますか?」

ということです。

ダイエットが必要だということは、それまでの暴飲暴食、食生活が問題だった訳です。

それをわざわざ「自ら逆行することを行って痩せる」という思考はおかしくありませんか?

ユーザーさま

「だって、プロのジムトレーナーもすすめてるし、芸能人も成功してるって!」

この点については「モデル体重編」でも申し上げました。

プロのモデルさんや芸能人が行っているダイエット法は単独で真似できません。
(※モデル体重になる方法について知りたい方はこちらをご覧ください。)

モデル体重とは?見た目・bmiを目指す方法をサロンオーナーが伝授【ヤマカイも紹介】

彼女達にはプロの専門トレーナーがついてますので、プロの指導下で行ってます。

歌舞伎俳優・海老蔵さんのゆで卵ダイエットも話題になりましたが、彼も専門栄養士、トレーナーの存在を公表しています。
(※ゆで卵ダイエットについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。)

ゆで卵ダイエットは効果あり!海老蔵も成功した正しいやり方をサロンオーナーが解説

もちろん、皆様もジム等でプロの方と共に、必要時にチートデイを検討するのはアリです。

しかし、セルフダイエットでネットの情報だけで素人判断によるチートデイをむやみに取り入れることは危険な行為です。

そのたった1回の暴飲暴食が後々体にどういう反応を及ぼすか未知数なのです。

元々は上級者用テクニック・女性には効果薄

そもそもチートデイは、ダイエットのプロであるボディビルダーが実践していた方法です。

そして、累計3000名以上の女性ダイエットに携わった管理人の経験値で申しあげましょう。

女性がチートデイを行って効率的にダイエットに成功した方はほぼいません

なぜなら、女性でダイエットが必要になる方は、筋肉量、基礎代謝が低い方がほとんどだからです。

ここで、当編集部はボディビルダー業界に精通している内科医の栗原先生の「チートデイ」についての見解を調査しました。↓

栗原先生は、以下の経歴をお持ちのスポーツドクターです。

  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学)
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟チームドクター

栗原先生は、「チートデイ」について次のように語っておられます。↓

『チートデイ』とは、実は医科学的にはっきりとしたデータはまだ示されていないのですが、ボディビルダーをはじめとする多くの経験者の経験則として、ダイエット中にチートデイを設けることで停滞期を乗り切ることができることが知られています」

あたりまえのことですが、チートデイを頻発してしまってはただの食べ過ぎになってしまいダイエット効果はありません。

筋肉が落ちて、基礎代謝が低くなった状態でチートデイを行うと、太ってしまう危険性の方が高いと考えられます。

チートデイは、ボディビルダーなどがコンテスト前に極限まで体脂肪を落とす方法のひとつとして知られています。

あくまでも筋トレなどで、筋肉を鍛えていることが前提。

なおかつダイエットに関する知識や経験が豊富な方が取り入れる高度な方法といえるでしょう」”

(引用;https://www.excite.co.jp/news/article/Editeur_21140/?p=2

先生のお話の要点をまとめますと、次のようになります。

「チートデイとは?」

  • ボディビルダーがコンテスト前に行う方法
  • 医科学的データ(根拠)はまだない
  • ボディビルダーや上級者の成功経験則はあり
  • 頻発すればただの食べ過ぎになり逆効果
  • 筋肉をある程度鍛えていることが前提

つまり、チートデイが効果的な方というのは、激しい筋トレと共に行う事が前提なのです。

通常、筋トレと共に厳格なカロリー、糖質を両方制限すると、エネルギー不足で代謝が落ちます。

筋肉ムキムキのボディビルダーはかなり厳格な食事制限を行うため、チートデイを有効に活用できるのです。

これらを踏まえますと、チートデイは筋肉量、基礎代謝量が低めの女性には効果がさほど期待できないと結論付けられるのです。

糖質制限時はプロ指導下でも成功しない例もあり

世はライザップの影響で空前のパーソナルジム・糖質制限ブームとなっています。

そもそもチートデイの理論が普及し始めたのは、パーソナルジムが一般化したからです。

しかし、糖質制限はプロの指導下で行っても、必ずしも全ての方に有効だとは限らないのです。

ここでは、プロの指導に従ってチートデイ・糖質制限を行ってもダイエットに成功しなかった方の例を見てみましょう。

質問者さま

Q.ジム指導のチートデイ、意味なかった?

160cm・56kg・体脂肪26%の女です。

現在、パーソナルジムに1ヶ月通っています。

でも、体重+体脂肪どちらも全く減りません。

ジムのすすめでチートデイやりましたが効果がないです

ウエストのみ2cm痩せました。

トレーニングもしっかり通ってます。

糖質制限もしっかり守ってます。

なぜでしょうか?

A.ジムの指導方法に問題がありそうです。

megumi

今、ダイエット業界は空前のパーソナルジムブームです。

パーソナルジムと言えばライザップですが、料金が高額であることで知られています。

そのため、ジム業界も価格競争が起こっており、指導内容が半信半疑な施設も増えているのも事実です。

そもそもこのジムのトレーナーさんが、明らかに間違った指導をしている箇所があります。

それは、質問者様の体重・体脂肪に変化がないのに、ダイエット開始わずか1カ月の方にチートデイを指導してしまっている点です。

おそらくマメに通っているのに全く数字が変わらないため、ジム側も焦って苦肉に対応策を指導したと考えられます。

また、パーソナルジムのデメリットでもありますが、彼らは

「筋トレ+糖質制限=痩せる」

と思い込んでる方が多い点です。

基本理論としては間違いではないですが、筋トレと糖質制限だけやってれば誰でも痩せる訳ではありません。

糖質制限+筋トレは万能なダイエット法ではない

ユーザーさま

「じゃ、管理人さんはなんでこの女の人が痩せなかったと思うの?」
「彼女のボディデータを詳しく拝見してませんので、推察でしかありませんが、おそらく、痩せなかったのは次の原因が予想されます。」

megumi

  • 実践した糖質制限法に間違いがあった
  • 脂質代謝がしづらい体質?
  • 便秘・ストレスなど他の原因もあり?
  • 生理など女性の体に沿ったアドバイスでなかった
  • 睡眠時間はどうだったか?

正直なところ、管理人もサロン運営時代初期の頃、多くのお客様に糖質制限メインの食事指導を起こなっておりました。

しかし、何人かの1人の割合で糖質制限できちんと効果が出ない方がおられるのです。

特に、女性は「脂質代謝が悪い体質」という方が混ざります。

そのため、やみくもに筋トレ+糖質制限を行っても効果がでないことがあるのです。

ユーザーさま

「でも、プロの指導下で糖質制限やってるのに?」
「1つは、知識が少ない(=価格の安い?)パーソナルジムだったと予想できますね。」

megumi

ジムのトレーナーさんによっては、糖質制限=炭水化物、甘いもの食べない、野菜、タンパク質が摂れてればOkと単純な指導しかしないところもありますからね。

糖質制限も正しい知識で正しく実践させなければ、全く効果がないこともあるのです。

さすがにライザップとか有名どころ・高額なジムではこんなことはないですが。

安価なジムはトレーナーの人件費・育成費もそんなにかけられませんから、致し方がありません。

また、女性の体はそんなに単純じゃないこともあります。

女性は生理やホルモンバランスなど様々な体の変化を考慮してダイエットを行うべきなのです。

厳格なカロリー制限時のあるある勘違い

チートデイは昨今のネット社会において、誤情報だけが一人歩きしてしまっています。

そして、かなりの誤解・勘違い・都合の良い解釈をされてしまっている方が非常に多く見受けられるのです。

ここでは、皆様にその誤解を解消いただくべく、その一部をQ&A形式で検証しましょう。

15000kcal食べた方の例

質問者さま

Q.チートデイで56kg太った!

先日、旅行もありチートデイを行いました。

三日間好きなものを気にせず食べました。

おそらく15000kcalは摂取したと思います。

すると、約5、6キロ程体重が増えました。

これはカロリーがそのまま脂肪に変わったんですか?

チートデイで上がった代謝を無駄にしたくないです。

運動を再びすれば効率良く減りますか?

回答者さま

1日に出る消化液、限りがあるので心配しなくても大丈夫!

さほど消化吸収していない。

A.これはチートデイになってません。

megumi

知恵袋の回答者様は丁寧に「消化液うんぬん」と話してますが、そんな問題じゃないです。

この質問者様の元の基礎代謝がわからないため、一概に言えません。

ご本人がその摂取したカロリーを代謝できなければ脂肪に変わるということです。

そもそも質問者様が行ってる「3日連続で爆食い」がチートデイになっていません。

何よりも、

「爆食いを行った=基礎代謝が上がった」

ということが大きな勘違いです。

ダイエットは正しい知識をもって実践するようにしましょう。

体重が減らない=即チートデイの勘違い例

質問者さま

Q1.停滞期?チートデイするべき?

ダイエット1週間くらいで-2kg落ちました。

食事は1000kcal以下にし、

運動は3時間してます。

そこから4~5日ほど体重が減りません。

チートデイを行っても大丈夫ですか?

1ヶ月で体重の5%減量は停滞期ですよね。

でも、5%も落ちてないんですが。

A1.体重が減らない=チートデイの発想は危険です!

megumi

質問者さま

Q2.停滞期?体重が増えてる!

今ダイエットを始めて約1ヶ月ほど経ちました。

21歳女・152㎝ 42.7㎏(直近) 体脂肪率18.3%

目標は38㎏です。

1日のcalは500〜600、食べすぎても1000いきません。

初めの1〜2週間でいいテンポで体重が落ちました。

  • 体重;46→42.1kg
  • 体脂肪;23→18〜21%

ところが、この頃体重が少しずつ増えてます。

ただの停滞期と思って、チートデイもやってみました。

しかし、増えてしまうばかりで焦っています。

A2.厳格なカロリー制限の結果、チートデイの勘違いです。

megumi

このお2人は、近頃の若い女性に多い一番NGパターンのダイエットを行っておられます。

当サイトでは繰り返し何度もお伝えしておりますが、今一度声を大にして申し上げます。

「厳格なカロリー制限・食事量を減らすダイエットはダイエットではありません。」

そもそもお二人の問題は、「停滞期」の意味を把握されていないことです。
(※停滞期の正しいメカニズムはこちらをご覧ください。)

ダイエット停滞期の乗り越え方|3000名を痩せさせた痩身エステオーナーが解説

にも関わらず、チートデイを安易に行ってしまってることです。

ユーザーさま

「チートデイ=きちんと食べるってことだから良いのでは?」
「ダイエットに直接関係ないのですが、人間の体ってそんな都合よくできてないんですよね。」

megumi

このダイエット法を行うことで、間違いなく胃腸、消化・代謝機能に支障が出ます。

単純な話ですが、食事量を少なくすると胃が小さくなります。

一方、チートデイで爆食すれば一時的に胃は拡張します。

また、腸、消化、代謝機能も一定にならなくなりますので、結果痩せにくくなるのです。

食事量を減らせば一時的に体重は減るかもしれません。

しかし、元の食生活に戻せばそう遠くないうちにリバウンドするでしょう。

また、質問様1の場合は、厳格なカロリー制限+ハードな運動を行ってしまってます。

厳格なカロリー制限を行うと基礎代謝が極端に低下します。

それに加え、ハードな運動で体に負荷をかけることは、ストレスが増大することもあるのです。
(※ダイエットとストレスに関してはこちらをご覧ください。)

ストレスで太る?メカニズム・ダイエット対処方法をサロンオーナーが解説

要するに、食事も運動も体に極端な負担をかけるダイエット法は良くない、意味がないということをご理解ください。

食事を制限しない方法ならチートデイは不要

これまでの解説を踏まえますと、「そもそもなぜチートデイが必要なのか?」ということです。

それは、食べることを無理に制限するために停滞期が訪れるということですよね。

その停滞期を逃れるために行うのがチートデイです。

逆に考えれば、食事を制限しないダイエット法ならチートデイの必要はないのです。

当サイトが推奨するダイエット食事方法は、栄養をきちんと摂って痩せる方法です。

しかも、食べることも楽しんでいただくための方法です。
(※当サイト推奨の食事方法はこちらをご覧ください。)

糖質制限やカロリー制限は必要なし!「食べたいダイエット」方法をサロンプロが伝授

厳格なカロリー制限、糖質制限、アプリで数値計算ばかりしている食事は決して楽しいものではありません。

むしろ考えて頂くべきは、「なぜ自分はダイエットが必要になったのか?」なのです。

(※管理人がここで申しあげておりますのは、BMI標準値を超えている方です。)

実は脂肪は、皆様が想像されるよりも簡単に増えるものじゃないんです。

平均体重を超えてしまう=食生活に問題がある

これしかありません。

食生活、日々の生活習慣をきちんと改善し、毎日を明るく、楽しく過ごしていることが一番のダイエットなのです。

管理人としてましては、皆様に「安易なテクニックで効率よくダイエット」する発想からどうか今すぐ卒業頂くことを願うばかりです。

チートデイは上級者向け!安易なネット情報の思い込みNG

megumi

★今回のまとめです★

今回は、カロリー・食事・糖質制限ダイエットにおける「チートデイ」がおすすめできない理由についてお話させて頂きました。

まとめますと、当サイトとしてはチートデイをおすすめしません。

おすすめできない理由は次の4点です。

  • 効果についての正確なエビデンスなし
  • 元々上級者用のテクニックである
  • 方法についての勘違い・誤解も多い
  • 胃腸・消化・代謝機能に支障が出る恐れあり

特に太字の部分が肝心です。

チートデイとは、元々ダイエット上級者であるボディビルダーの方々が取り入れるための方法です。

効果に対するエビデンスも少なく、素人のセルフダイエットで安易に行えるものではありません。

また、女性の場合は、チートデイを取り入れた糖質制限+筋トレによるダイエットはパーソナルジムなどのプロの指導下であっても成功しないことがあります。

考えられる原因としては、次のような点です。

  • 実践した糖質制限法に間違いがあった
  • 脂質代謝がしづらい体質
  • 便秘・ストレスなど他の原因
  • 生理など女性の体に沿ったアドバイスでなかった
  • 睡眠時間

つまり、女性は筋肉量、基礎代謝の数値もそもそも低い方が多く、生理やホルモンバランスなど様々な影響もあります。

安易にチートデイ、糖質制限を行ってどんどん体重、体脂肪が減るほど体が単純にできていないのです。

いずれにしましても、チートデイとは「食事制限」している方が停滞期時脱出を行う目的のテクニックです。

当サイト推奨ダイエット法は、「食事制限」ではなく「食事改善」であるため、チートデイを摂りいれる必要がありません。

そして、ダイエットとは好きなものを好きに食べても太らない体質を作ることです。

当サイトとしましては、何卒皆様にチートデイが不要な心身共に美しく健康的に痩せられるダイエット法を実践頂くことを切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)