ダイエットが辛い!理由・対処法・食べても痩せる食事法をサロンオーナーが解説

ダイエットが辛い!痩せたいけどやっぱり耐えられない…と挫折しかけていませんか?

ダイエット=辛くて我慢しなければいけないもののイメージしかありませんよね。

しかし、それは間違いです。

本当に成功するダイエットは、辛さもなく、好きなものを食べずに我慢しなくても痩せるんです。

今回は、元痩身エステサロンオーナーの管理人が、ダイエットが辛い理由・対処法・食べても痩せる食事法を徹底解説いたします。

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

ダイエットが辛い原因はやり方の間違い・無理のあるプラン

結論から言いますと、ダイエットには辛さも我慢も必要ありません。

むしろ、自分に無理をせず、好きなものを食べる方が簡単に痩せていくんです。

ダイエットが辛いと感じる方に多い原因は次の3つです。

やり方が間違っている

無理な運動をしている

極端な食事制限をしている

やり方が間違っている

質問者さま

Q.健康的ダイエットで痩せない!

1ヶ月の健康的ダイエットで痩せずに辛いです。

150cm/64kg/20歳女です。

  • 鶏・野菜・ゆで卵 茹でる煮る
  • 米1日120g・夜は炭水化物抜き
  • 18時までに夕食
  • 夜に毎日踏み台昇降30分・腹筋
  • プロテイン飲んで入浴
  • 水1.5~2ℓ

痩せない理由は何ですか?

A.いくつかの間違いがあります。

megumi

健康的=効率的なダイエットではありません。

詳細が不明な部分もありますが、間違ってるとすれば次の点です。

  • 食事内容に脂質が足りない
  • 就寝前に飲んでいるプロテインの種類
  • この運動量による減量効果はない

まず、カロリー制限でも良質な脂質をとらなくてはなりません。

でなければ、お体についている脂肪が燃焼せず、基礎代謝が上がりません。

次に、就寝前に飲んでいるプロテインの種類にも問題がある可能性があります。

市販の安価なプロテインは、食品添加物や人工甘味料が含まれています。

これらの成分により1日に摂った栄養素がマイナスになるんです。
(※プロテインの詳細はこちらをご覧ください。)

置き換えダイエット食としてはおすすめできない

運動の踏み台昇降30分の消費カロリーは200kcal程度ですので、大きな効果は期待できません。

腹筋も回数が書かれてませんが、変化がないならダイエットになっていないのでしょう。

ダイエットは「効率よく痩せる」ためのプランニングが必要なのです。

無理な運動をしている

質問者さま

Q.運動で筋肉痛!続けるべき?

ダイエットのため有酸素運動を始め筋肉痛で辛いです。

そのせいか、足も浮腫んでるようです。

筋肉痛を無視して運動を続けた方がいいんでしょうか。

A.無理のない範囲でやりましょう。

megumi

ダイエットの運動で、このようなお悩みを持つ方は多数にのぼります。

これまで運動されておられなかった方が、いきなり運動をするとかなりの確率で筋肉痛になるでしょう。

結果として、次のようなループになります。

  • 運動始めたけど筋肉痛
  • 痛い・辛い思いはしたくない
  • 運動がやりたくない・止めたい

ダイエットの成功は 食事が9割を占めます。

運動は無理してまで行う必要がなく、軽いウォーキング程度で十分なのです。
(※正しいウォーキング方法はこちらをご覧ください。)

ダイエットの運動はウォーキングのみで十分!理由・効果をサロンオーナーが解説

いずれにしても続かなければ意味がありませんので、負担になるような運動は避けましょう。

極端な食事制限をしている

質問者さま

Q.カロリーがっつり摂れる日は来る?

3ヶ月前からダイエットで10kg痩せました。

  • 朝;りんご
  • 昼;なし
  • 夜;お刺身、納豆、漬物

油もの、炭水化物、肉などを一切口にしていません。

食べると罪悪感でいっぱいです。

いつか牛丼・カレー・ラーメンなど食べられる日は来るんでしょうか?

体のために3食きっちり食べないと!などのコメントは結構です。

A.このやり方ならきっちりリバウンドします。

megumi

この質問者様の方法は全くダイエットになっていません。

「食事制限依存症」、一種の摂食障害に陥っています。

この方法で痩せたとしても、ご本人が恐れている高カロリーのものを口にした途端にリバウンドします。

食事は人間の生命維持に欠かせませんが、同時に楽しまなくては意味がありません。

本当のダイエットとは、高カロリーのものを多少口にしても維持できる状態です。

さらなる問題は、ダイエットを行う以前の食の嗜好がそもそも偏っておられたことです。

改善点は、直ちに極端なダイエットを止め、通常食に戻すことです。

1日3食食べるだけでなく、 栄養品目を増やさないことにはここから抜け出せません。

食べたいものは我慢しないのがポイント

無理な食事制限や運動にダイエット効果がない原因はもう1つあります。

それは、ストレスです。

食べたいものを無理に我慢し、好きでない運動によるストレスは基礎代謝を落とします。


(※このメカニズムはこちらをご覧ください。)

ストレスで太る?メカニズム・ダイエット対処方法をサロンオーナーが解説

ダイエットが辛いと感じる方は、次のようなイメージにとらわれすぎるからです。

●ダイエットとは?

・カロリー・糖分を制限

・好きな食べ物を我慢

・食べた物はハードな運動で消費

・お腹いっぱい食べてはいけない

・お酒なんか当然止める

これらの考え方は全て間違っています!

なぜなら、40代半ばである管理人が以下4点を押さえ、何もせず1年で12kg減ったからです。

●管理人が実行した事

・ご飯・麺などの炭水化物がっつり

・油もの・お肉もがっつり

・お酒は毎日大量・休肝日なし

・運動どころかウォーキングもなし
(買い物くらい)

「ええ~! こんなに食べて、お酒も飲んで、運動もせず本当に痩せるの?」

はい、本当です。
(※管理人の食生活詳細はこちらをご覧ください。)

ダイエットに炭水化物はあり?なし?糖質制限でリバウンドしたサロンオーナーが解説  

炭水化物ありで12kg痩せた1日の食事内容

管理人は何の食事制限もせず、自分の好きなものを食べたいだけ食べ、大好きなお酒もやめてません。

にもかかわらず、この年齢で現在BMIは平均以下、体内年齢36歳です。

先日の健康診断では、肝臓・腎臓の数値さえ正常でした。

カロリー制限、糖質制限だと、日本のダイエット産業は昔から同じ理論をループしています。

しかし、今だにどの方も「ダイエット=制限するもの・辛いもの」という概念から抜け出せていません。

一方、管理人がお酒、炭水化物、油ものをがっつり食べても減量出来た自己分析ポイントは次の5点です。

食べるのが好き・野菜も食べる

管理人はお酒好きですが、ただ飲むことだけはしません。

必ずお酒と食事も楽しみ、かなりの量を食べます。

要するにこれを行うことで、管理人が全くストレスを溜めていません。

「よく食べる人って太るんじゃないの?」

確かに、芸能人にもグルメ好きな方には太目の方が多く見受けられますよね。

しかし、そのような方は必ずと言っていいほど野菜類の摂取量が少ないです。

管理人は元々野菜好きで、お肉・魚と同じ量の野菜を食べます。

ご存じの通り、お野菜には食物繊維、ビタミンミネラルが豊富に含まれています。

実は、これらが炭水化物の糖質を差し引いてくれるのです。

糖質炭水化物食物繊維

特に海外に在住してから日本にいる時よりも摂取する野菜の種類が増えています。

結果、炭水化物をがっつり食べても、摂取した糖質が差し引かれるため脂肪に変わりません。

食品添加物の量が減った

管理人が海外生活で減量にいたった直因は、食品添加物の摂取量が大幅に減ったことです。

現代日本の食環境は、コンビニやファミレスなど、便利になりすぎてしまっています。

管理人も日本にいた頃は、利便性を優先し、これらをよく利用していました。

おそらく自分がこういった環境に身を置かなければ、今も続けていたでしょう。

後に調査したところ、日本はアメリカより多い世界一の食品添加物大国であることがわかったのです。

添加物入りの食品のデメリットは、

などの特性があります。

近頃の若い世代の方に、痩せられない方が増えたのも、コンビニ食が増えた影響です。

依存に関して言えば、皆様は人より大食漢だから太っているわけではないのです。

食品添加物が持つ「中毒性」により、「もっと食べたい」と脳が間違った指令を送っているだけなのです。

結果、本当は空腹でないのに買い食い、つまみ食いをしてしまうのです。

そして、このちょっとした空腹も「栄養不足」が原因なのです。

栄養さえきちんと取れば、小腹が減ることはないのです。
(※メカニズムはこちらをご覧ください。)

ダイエット中に小腹が空いても間食NG!理由と対策をサロンオーナーが解説

お茶をよく飲む

管理人は元々大のお茶好きですが、中国で一層お茶にはまってしまいました。

中国人に太い人が少ないのは様々な要因がありますが、その一つが中国茶です。

男性も女性も毎日決まった時間に自分のこだわりの中国茶を必ず飲んでいます。

彼らにとって、当たり前の習慣と言っていいでしょう。

「中国茶=ウーロン茶?」ぐらいのイメージかもしれませんよね。

本場中国のお茶は、烏龍茶以外にもものすごい種類があり、様々な効能があります。

そして、体の不具合な箇所も、お茶の作用で改善してしまうんです。

ダイエットに関連する事としては、主に次のような効果が期待できます。

・食品添加物や肉の脂など毒素排出

・体のむくみ・血行促進

・リラクゼーション効果

・代謝アップ

もはやお茶が薬のような感覚で、毎日デトックスを行っていることになります。

日本でも種類を選べばたくさん優れたお茶がありますので、こちらは是非実践ください。

ゆっくり食べる

早食いの方は間違いなく太ります。

炭水化物やファーストフード、甘いものが太る原因はカロリー高いからだけではありません。

これらに共通しているのは、噛まずに飲み込みやすい食品である点です。

管理人はもともと酒飲みのせいもありますが、食事を一気食いする習慣がありません。

特にこちらに来てからは、どこに行っても副菜の量が多いため、食べても余るほどです。

ただ、本人は無意識でしたがこれはかなり重要なポイントです。

ゆっくり咀嚼をせずに食べてしまうと、胃に負担がかかり、腸内環境が悪化します。

すると、消化が追いつかなくなり、余分な脂肪を体内に溜め込みやすくなるからです。

基礎代謝が年齢平均以上

管理人が運動なしで痩せたのは、もちろん基礎代謝の数値と無関係ではありません。

管理人の現在の基礎代謝は1340ほどです。

3~40代の女性の平均が1140ほどから換算しますと、割と高めです。

「なあ~んだ、私と基礎代謝が違うから、同じことやっても無理じゃん!」

いえ、そうではありません!

ここのポイントは、管理人にストレスがないから基礎代謝が上がるのです。

基礎代謝は年齢がいくつからでもあげることが可能だからです。

肝心なことは、基礎代謝が上がるものを積極的に食べることです。

主に次のような方法になります。

・良質な油が含まれるものをガツンと食べる

・良質なタンパク質が含まれるものをガツンと食べる

・なるべく体を冷やさず、汗をかくようにする

これでお分かりでしょうか。

痩せたいからと懸命にカロリー制限しても痩せにくいのはこのためです。

基礎代謝を上げる=基礎代謝が上がるものをたくさん食べることなのです。

特に、30代後半を超えた女性ほど、代謝が上がるものをガツンと食べなくてはなりません。

火を効率よく燃やすのに、ガソリンが必要なのと同じです。

元となるガソリンがないのに、脂肪だけ燃焼させることに無理があるのです。

好きなものを我慢しない食事法

好きなものを我慢しないことがダイエットにおいていかに重要か分かりいただけたでしょうか。

しかし、理屈は分かっても、それまでの食の嗜好もあり、明日から急に変われませんよね。

そして、主に次のような点が頭をよぎったのではないでしょうか。

「野菜をそこまで大量に食べられない」

「甘いものがどうしても食べたくなる」

「やっぱりカレーが食べたい」

好きな物を我慢しない・ダイエット中の辛いを和らげる食事法の原則は次の三つです。

①毎回摂取する栄養素の品目を増やす
(※管理人おすすめ食事法はこちらをご覧ください。)

リバウンドしない食べるダイエット・「食べたいダイエット」

様々な野菜を美味しく食べる工夫をする

甘いもの・嗜好品と上手につきあう

ここでは、②野菜を美味しく食べる方法、③甘いものと上手につきあう対処法をご紹介しましょう。

様々な野菜を美味しく食べる工夫をする

日本の皆様にとって野菜の摂取=サラダという認識が色濃くあるのではないでしょうか。

サラダは確かに手軽な野菜摂取法ですが、そんなに大量に食べられないのがデメリットです。

しかも疲れてるのに、凝った野菜料理なんて作る気が置きません。

では、皆様が好きな野菜ランキングから、おいしい・簡単摂取方法をご紹介しましょう。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12225-140115003393/

トマト混ぜるだけ簡単レシピ

https://www.sirogohan.com/recipe/tomatosara/

リコピンが豊富で栄養価の高いトマトを美味しく、材料を混ぜ合わせるだけの簡単レシピです。

オリーブオイルで良質な脂質が摂取でき、鰹節でカルシウムを摂ることができます。

生姜、粗挽き胡椒のアクセントが代謝を上げ、食欲増進効果が期待できます。

疲れててもできる!ブロッコリー簡単レシピ

https://cookpad.com/recipe/5605144

これは、何もする気が起きない時でもできる簡単レシピです。

冷凍のブロッコリー、冷凍むきえびをボイルし、醤油、ガーリックソルト混ぜるだけです。

茹でるのが面倒な場合は、レンジでチンでも構いません。

前述のトマトと同じく、お好みでオリーブオイルやブラックペッパーをかけても美味しいです。

カレーが食べたい方におすすめ!アスパラレシピ

https://cookpad.com/recipe/4701280

このレシピは、ダイエット中だけどカレーが食べたい方にもオススメのレシピです。

市販のカレールーで作るカレーライスは、炭水化物、添加物やトランス脂肪酸が満載でダイエットの大敵です。

しかし、カレーパウダーそのものだけなら、代謝を上げてくれる立派な香辛料になります。

アスパラは、 タンパク質を作る元となるビタミンk が豊富に含まれています。

グリーンアスパラだけでなく、 スルメイカ、 プチトマト、パプリカなどの野菜が効率よく摂取できます。

カレーパウダー、オリーブオイルでコクを出し、代謝アップも期待できます。

甘いもの・嗜好品と上手につきあう

前述しましたように、甘いものが食べたいという欲求の原因も栄養不足です。

しかし、 これまで甘いものに頼ってきた方が明日から急に辞めるのは難しいでしょう。

ここではダイエット中に甘いものが食べたくなった場合の、おすすめ対処法をご紹介します。

ドライレーズン

https://item.rakuten.co.jp/kyunan/organic-thompson-raisins250/

とにかく甘いものが食べられないと辛い!

そんな方におすすめの特効薬がドライレーズンです。

ドライレーズンは、ポリフェノールが豊富・抗酸化作用が期待できます。

そしてなによりも、カリウムと食物繊維が豊富なため、体内毒素を排出してくれる効果もあるのです。

もちろん、それなりに糖質があるため、ドカ食いは NG です。

一粒一粒をゆっくりと噛み締め、1日20粒ぐらいまでなら食べてもOK です。

まさにドライレーズンは甘いもの依存の方への天然サプリと言えるでしょう。

ビターチョコ

https://item.rakuten.co.jp/yuukiya0097/o-a-0816-1/

「え?ダイエットなのにチョコレート食べていいの♡」

チョコレートって、本来太るものではないんです。

ただし、その辺のスーパーやコンビニで売っている安価なものは NG です。

結局、これも乳化剤などの食品添加物がガッツリ含まれているからです。

つまり、皆様は甘いものが食べたいだけではないんです。

正確に言えば、「添加物依存」なのです。

天然100%、無添加のビターチョコレートなら、むしろ体にいいぐらいです。

「え?でも1個のチョコが700円?高すぎ!」

確かに高いですが、管理人はこれでいいと考えます。

なぜなら、 嗜好品こそ価格が安いと癖になるからです。

例えば、タバコも今では1箱500円以上の時代になりましたよね。

実は管理人も今は完全に止めてますが、20代の頃はヘビースモーカーでした。

当時はタバコ一箱250円でしたが、やっぱり高額になると続ける気は起きなくなります。

安いといつの間にか繰り返し買っていて、気がついたら結構お金を使っていたなんて事がよくあります。

また、良質なチョコレートは、そんなにたくさん食べなくても満足できます。

1個700円のチョコレートはかなり手痛い出費ですが、少しずつありがたみを持って召し上がってください。

ヨーグルト

ヨーグルトは、腸内環境を整えるだけでなく、カルシウムも豊富です。

ただし、気をつけていただきたいのはやはり添加物です。

これもスーパーやコンビニで売られているものの多くは、 添加物・人工甘味料が含まれています。

ここでは、市販で簡単に手に入る、ダイエットにおすすめの無添加ヨーグルトをご紹介します。

明治ザ・グリークヨーグルト

有名メーカーの明治から、本格ギリシャヨーグルトが発売されました。

・明治プロビオヨーグルトまろやかプレーン

https://item.rakuten.co.jp/ju-suya/10007515/

このプリビオヨーグルトはまろやかプレーンのみ 無添加でOK ですので注意してください。

どちらも完全無添加・砂糖不使用です。

甘くないと食べにくい場合は、次のようにフルーツを一緒に摂取してください。

ハチミツ

ヨーグルトがそのままで食べられない方にオススメなのは、はちみつです。

蜂蜜は、もちろん無添加・天然甘味料であり、 様々な栄養素が豊富に含まれます。

ただし、糖分はそれなりに高いため、大量摂取は禁物です。

ヨーグルトにかけるにしても、小さじ少量にとどめてください。

画像のように、ナッツやクルミをトッピングするのもおすすめです。

ダイエットは辛くない!ストレスフリーで楽々減量しよう

megumi

★今回のまとめです★

今回は、ダイエットが辛い理由・対処法・食べても痩せる食事法について詳しくお話しさせていただきました。

まとめますと、本当に成功するダイエットに、辛さや我慢は必要ありません。

むしろ、ストレスをためず、好きなものを上手に摂取することで、効率をあげてくれます。

ダイエットが辛いと感じる方に多い原因は次の三つです。

やり方が間違っている

無理な運動をしている

極端な食事制限をしている

これらの要素に共通しているのは「ダイエットは辛いものである」という思い込みです。

これらの方法でストレスを溜めていることが、基礎代謝を下げる元になっているのです。

管理人が40代半ばでお酒、炭水化物、油ものをがっつり食べても12kg減量出来たポイントは次の5点です。

一方、好きなもの我慢せず、 「もっと食べたい」という依存から脱却する食事法のポイントは次の3点です。

毎回摂取する栄養素の品目を増やす

様々な野菜を美味しく食べる工夫をする

甘いもの・嗜好品と上手につきあう

いずれの方法も、我慢や辛いとは無縁の実践しやすい方法です。

ぜひ明日から ご自身のライフスタイルに取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です