60代女性ダイエット|3000名の減量を成功させたサロンオーナーがコツ・方法を伝授

ダイエットをしようと油を控え、お刺身など、ヘルシー控えめに食にしてるのに、なぜ痩せないの?と悩んでいませんか。

痩せない原因は、お買い物しているスーパーの食材に問題があるかもしれません。

60代女性のダイエットは、食事を控えることではなく、良質な食事内容に改善することが大事なんです。

今回は、累計3000名の減量を成功させた元サロンオーナーの管理人が、60代女性に向けたダイエット成功のコツ・方法を伝授いたします。

この記事を書いた人
megumi

元総合エステサロンオーナーの経歴を持ち、ダイエット部門では延べ3000人を応対。 糖質制限ダイエットでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

60代女性のダイエットは食事・ライフスタイル改善

60代女性のダイエットに肝心なのは次の2点のみです。

  • 食事改善
  • ライフスタイル改善

配分としましては、お食事7割、ライフスタイル3割というところでしょうか。

皆様の今日の血・骨・脂肪・筋肉は、全てお若い頃からの食生活で成り立っています。

「この歳で今から食生活慌ててを変えても遅いのでは?」

いいえ、全くそのようなことはありません。

現代は、人生100年時代と言われています。

仮に65歳の方であれば、寿命まであと35年もあります。

35年と言えば、令和ベビーが立派な一人前の大人になる年数です。

むしろ今から10年間の食生活が、70代の皆様のライフスタイルを大きく左右するのです。

皆様ご存知の通り、60代の肥満は様々な生活習慣病を悪化させる元となります。

どうぞ今からでも長年の食習慣を少しずつ改善していきましょう。

食事改善

アラ環女子の皆様が効率的にダイエットを行うには、食事制限をしないことです。

「食事制限しなかったら痩せられないじゃないの!」

食事制限といえば、カロリー制限・糖質制限などが浮かびますよね。

もし、既に糖尿病など何からの診断をされている方は、医師の指示に従う必要があります。

しかし、特に深刻な病状がなく、痩せた方がいいという程度の方に制限は必要ありません。

そもそもアラ環女子が痩せにくくなっている理由は、加齢による代謝の低下です。

代謝の低下をされている方がさらに食事を減らすことは適切ではありません。

つまり、食べる量を制限するのではなく、「食事改善」をしていただくことなのです。

単純に次の2点心がけていただくだけです。

  • 不要ものは摂らない
  • 本当に必要なものを満遍なく摂る

不要なものは摂らない

アラ還女子のお体に「不要なもの」とは、次の3つです。

代表的なものとしては以下のような食品です。

「それぐらい知ってる!カロリーが高いからでしょ?」

いいえ、カロリーが高いからだけではありません。

カロリーで言えば、市販のカロリーオフ商品などは低カロリーです。

そして、これらの食品は人工甘味料を利用しカロリーを削減しているだけです。
(※この点に関しての詳細はこちらをご覧ください。)

太らないと誤解されやすいNG飲み物例

これらの食品がダイエットに不適当である理由は次の3つです。

  • 食物の消化に時間がかかる
  • 腸内環境を悪化させる
  • 食物の栄養吸収を阻害する

お食事をとる目的は、皆様の生命維持のための栄養摂取です。

お口から摂取した食事は胃→腸→各臓器を巡ってエネルギーになります。

その不要物が排尿と排便で排出されます。

この一連の流れが「代謝」なのです。

肥満とは、これらのメカニズムが順調にいっていない証拠なのです。

つまり、食品添加物は代謝が低下しているアラ環女子にとって、一層代謝を低下させる元になるのです。

体に本当に必要なものを満遍なく摂る

アラ環女子のダイエットには、「本当に必要なもの」を満遍なく摂ることです。

一般的には次のような栄養素が必要とされます。↓

https://www.meiji.co.jp/meiji-eiyoucare/knowledge/malnutrition/007.html

当サイトでは、世代を問わず1日最低10品目以上の摂取をおすすめしています。

糖質、タンパク質、脂質の三大栄養素はもちろん、ビタミンミネラル食物繊維も含みます。

そして60代以降の方が忘れてはならないのは、カルシウムや鉄分です。

加齢により骨密度、コラーゲンが不足してきますので、補うのが食品しかありません。

100歳になってもご自身の足で元気に散歩できるよう、60代の今から強化しましょう。

ライフスタイル改善

ダイエットを成功に導く上で欠かせな事はストレスをためないことです。

管理人はサロン運営時代、20~60代までの累計3000名のダイエットに携わりました。

その経験上申し上げますと、世代を問わず、ストレスの強い方は痩せられません。

これは実際に医学的根拠もあり、慢性的なストレスは体の代謝を著しく低下させるのです。
(※詳しいメカニズムはこちらをご覧ください。)

ストレスで太る?メカニズム・ダイエット対処方法をサロンオーナーが解説

60代はまだお仕事を続けておられる方、そうでない方に分かれます。

ただ、今だに子供、周りのことでストレスを感じる方も少なくないでしょう。

ダイエットの重要要素の一つは、ストレスを極力取り除く事です。

そのためには、ご自身の楽しみを優先することなのです。

朝食は摂る習慣を身に着けましょう

60代以からの体作りに肝心なことは朝食を欠かさないことです。

朝食は、1日の活動エネルギーの中枢となる肝心な食事です。

特に、これからお体の老化防止を目指される皆様には最も重視いただくべきです。

以下は、ある新聞記事の抜粋ですが、100歳の朝食欠食はたったの2%です。↓

100歳以上の方100人に、普段から摂取している食事・78%が3食+おやつまでしっかり 朝食欠食はわずか2%

(引用;https://www.sankeibiz.jp/business/news/170904/prl1709041213072-n1.htm

もちろん、この歳まで寿命が延びておられる方は、肥満とは無縁のはずです。

実際に様々な研究データにより、朝食とダイエットは密接な関わりもあります。

朝食をしっかりとって、夜に向けて量を少なく・質を重視する食事を心がけましょう。

筋トレ・運動はおすすめできない理由

管理人は、60代の方のダイエットに過度な運動はおすすめできません。

運動と言えば、梅沢富美男さんなどアラ還芸能人が、某パーソナルジムで変貌を遂げられました。

しかし、その後のテレビで見る梅沢さんはいかがでしょうか。

完全にとは言いませんが、CM当時のようなシックスパッドはもはや影がありません。

申し上げたいことは、60代以上の方が短期間で体を絞ることはご負担にしかなりません。

そもそも人間の体とは消耗品です。

年齢とともにお体の消耗量を抑え、大切にしなければならないのです。

だからといって、全く動かずに家でゴロゴロしていればOKな訳ではありません。

60代の皆様にとっては、極限まで体に負担をかけず、効率の良い運動が必要なのです。

当サイトでオススメする60代向けの運動は、ウォーキング・または水中ウォーキングです。

既にお膝が痛くなってしまっている方は、水中ウォーキングをおすすめします。

水中ウォーキングは膝や筋肉に負担をかけず、陸上ウォーキングよりも消費エネルギーが高いのです。

これらの詳しい運動方法はこちらをご覧ください。

歩くのが嫌いな方は水中ウォーキングがおすすめ

アラ還女子がご注意いただくべき食材

前述しましたように、アラ還女子の方が特にご注意いただくべきは食品添加物類です。

これらは、単純にダイエットに良くないだけではありません。

60代の皆様が最も気を付けて頂くべきの認知症・糖尿病・脂肪肝のリスクを増加させるのです。

以下は、脳神経外科院の高知先生が、食品添加物が認知症・糖尿病・脂肪肝リスクとの関連性を述べています。↓

加工食品に含まれる「亜硝酸塩」や、食品の消毒に使用される「ニトロサミド」などの食品添加物は、アルツハイマー型認知症や糖尿病、脂肪肝の発症原因になるという研究結果も出ています。

(引用;http://www.goldenlife.jp/68_tokushu/

今から楽しい老後生活を送るにあたり、これらのリスクは最も避けたいところですよね。

「お若い方と違い、カップ麺や、ポテチ、あとコンビニも行かないし平気!」

確かに、60代以上の方がコンビニ食を積極的に食べている方はほぼ見かけません。

しかし、皆様も毎日このような場所でお買い物されませんか?↓

「ええ~?毎日行ってるけど?」

結論から申しますと、スーパーの惣菜コーナーの揚げ物もコンビニと同じです。

スーパーのお惣菜

揚げ物に限りませんが、スーパーの惣菜コーナーに売っている食材は厳重注意が必要です。

スーパーの揚げ物は、ほぼ油で再加熱しているのみで材料は加工食品です。

また、惣菜コーナーの定番「焼き鳥のタレ」にも、添加物がたっぷり含まれています。

怖いのは、スーパーの店内調理品は、原材料の表示義務がありません。

ただ、パッケージされてるものは、原材料の表示が義務付けられています。↓

  • 加工デンプン
  • 着色料
  • トレハロース
  • 増粘多糖類
  • 酸味料

お肉類・お刺身類

アラ環女子と言えば、お寿司やお刺身がお好きな方も多いですよね。

実は、スーパーのこれらの食品にも添加物は含まれているんです。↓

  • PH調整剤
  • グリシン
  • 乳化剤
  • 甘味料(ソルビット)
  • ポリリン酸Na

「え~お寿司は生魚と酢飯が材料では?」

本来であればそのはずですが、保存・見た目を良くするための名目で添加物が使われているんです。

お寿司だけでなく、その生魚であるはずのお刺身も同様です。↓

以下は厚労省の解釈です。↓

お刺し身に添加物を使うのってアリなのだろうか。

添加物を管轄する厚労省に聞いてみると、「生食用鮮魚介類の加工基準」で、「加工にあたっては、化学的合成品たる添加物(次亜塩素酸ナトリウムを除く。)を使用してはならない」と定められているという。

「でも、保存性を高めるために何かを加えた製品は、いわゆる加工食品という扱いになりまして鮮魚ではなくなるのです。

(引用;http://www.asahi.com/food/special/TKY200708140130.html

一方、スーパーの食肉にも注意が必要なものがあります。

スーパーなどで購入した豚肉に着色目的で使われた「ニコチン酸アミド」という食品添加物。

(引用;https://www.excite.co.jp/news/article/HealthPress_201609_post_2567/

特に、味付きの焼肉や、安価で売られている成型肉、またミンチは表示義務がないため注意が必要です。

油はダイエットと密接に関わりがあることは皆様ご存知かと存じます。

前述のトランス脂肪酸もそうなのですが、お気を付けいただくべき油は市販のサラダ油です。

「え~!毎日料理に使っているけど!」

はい、ほとんどの方がご存知ありませんが、サラダ油と表示されたものは太る要素となります。
(※油に関する詳しい詳細はこちらをご覧ください。)

ダイエットに油NGは間違い!良質な油で痩せる仕組みをサロンオーナーが解説!

パン

ある調査では、60代の約半数近くの方が朝食にパンを食べられると結果が出ています。

誤解のないように申しますと、パン食そのものが悪いわけではありません。
(※ダイエット中におすすめのパン類はこちらをご覧ください。)

ご飯でないとダメ?パンでダイエットしたい方の対処法

ただし、スーパーやコンビニのパン類は、ほぼ全てさけていただくべき食材となります。

例えば、こちらのパンはスーパーの人気商品の1つです。↓

しかし、原材料を見てみますとこの通りです。

  • 糖類
  • ショートニング
  • 加糖練乳
  • 発酵風味料
  • マーガリン
  • 甘味料
  • 乳化剤
  • 酢酸Na
  • 香料
  • カロチン色素

一体、何種類の添加物が入っているのかと思うほどですね。

そして、パンと言えば最大の相棒が「マーガリン」です。

  • 乳化剤
  • 着色料
  • 香料

「パンよりマシでは?」

実は、マーガリンが最も深刻なのは前述のトランス脂肪酸なのです。
(※トランス脂肪酸の詳細はこちらをご覧ください。)

トランス脂肪酸に注意!

トランス脂肪酸とは、簡単に言えば人工甘味料と近いものです。

体に相当な悪影響があることで知られており、アメリカでは既に規制されてます。

ただ、日本ではトランス脂肪酸の表示義務がないのです。

つまり、パンにどうしても塗るなら「バター」の方がまだ良いのです。

スイーツ

「私はダイエットでケーキじゃなく、和菓子にしてるから大丈夫!」

管理人のサロンのお客様にも、このようにおっしゃる60代の方が少なくありませんでした。

例えば、以下は一般的にヘルシーなイメージあるの水ようかんです。↓

しかし以下添加物が入っています。

  • 果糖ぶどう糖
  • ゲル乳化剤
  • クエン酸Na
  • 乳化剤
  • 塩化Na
  • 乳酸Ca

もちろん、これらのスーパーの洋菓子スイーツも全て同様です。↓

引退後の今こそ食材の調達方法にこだわりましょう

引退後、または、まもなく引退を迎える皆様にとって自分の体に入る食材は重要です。

ここはぜひ、他の予算を削ってでも、良質な食材を調達いただくことをおすすめします。

近頃では、お魚も地方の鮮魚店から、野菜も農家から有機栽培のものが送料無料で手に入ります。

現代は流通手段が発達していますので、是非様々な手段をご活用ください。

https://item.rakuten.co.jp/uokatsu/603909_1/

https://item.rakuten.co.jp/dekoboko/sun-set-2/

なるべく個人店を活用しましょう

近頃では、大手量販店のスーパーが全国に増加しました。

お買い物が便利になることは、これから高齢を迎える皆様にとっては悪くありません。

しかし残念な事に、大手スーパーで販売している食材は、ダイエット、健康促進には乏しいです。

そこで改めて忘れかけていた、商店街の個人店などを利用されてみてはいかがでしょうか。

例えば、お豆腐・野菜・鮮魚・お肉も、個人店で 販売されているものの方が安全です。

今一度この機会に、その価値を見直してみましょう。

ダイエットと一石二鳥!楽しみながら痩せるプラン

60代の皆様にとって、制限をするようなダイエットは全くおすすめできません。

すでに述べましたように、お体への負担、ストレスになってしまってはいけないからです。

ここでは、楽しみながらダイエットと一石二鳥できる方法をご紹介します。

家庭菜園

アラ還女子に是非ともトライいただきたい趣味は家庭菜園です。

産地直送のお野菜も悪くありませんが、この際自分で作るのが一番手堅いです。

お庭がなくても、ちょっとしたキッチンスペースやベランダでも可能です。

予算も安く、新鮮野菜が食べられて、ダイエットもでき、一石三鳥です。

https://www.dcm-hldgs.co.jp/feature/20190308141140.html

精進料理ツアー・教室

「精進料理なんか年寄りくさい!」

いえいえ、今、精進料理は若い世代も含め全国で大ブームになっているんです。

日本が誇る究極の無添加ベジタリアンフードとして、外国人にも大評判です。

たまにはお友達と精進料理の日帰りバスツアーも気分転換に悪くないのではないでしょうか。

https://travel-value.jp/dtour/bus-vegetablefd/

また、精進料理を試食された後、気に入れば是非ご自分でも調理されてみてください。

今、全国のお寺や近隣施設では、精進料理のクッキングスクールが大人気です。

http://www.zen-fumonji.com/maigre-dish/cooking-school.html

お料理するだけでなく、精進料理の教えは食べることそのものの意味を教えてくれます。

それまでの人生、これからの人生にとっても貴重な経験ですので是非一度お試しください。

オーガニックランチ会

からだにいいことや、ダイエットとは一人でやるより大勢の方が楽しいものです。

たまには無添加・有機素材がたっぷりとれるオーガニックランチはいかがでしょうか。

https://redine.jp/events/359

これらの食材であれば、カロリーも糖質も気にせずたっぷり取っていただいて大丈夫です。

フルーツ狩り

ダイエットにフルーツは相乗効果をもたらしてくれます。

だからといって、全てのフルーツを食べ過ぎることが良いとは言えません。

(※ただしいフルーツダイエットのこちら)

しかし、たまにはご友人とフルーツ狩りに出かけてみるのも楽しいですよ。

管理人のオススメは、次のようなフルーツ狩りです。

・キウイ狩り

・イチゴ狩り

・ブドウ狩り

https://pixta.jp/tags/%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%A4%E7%8B%A9%E3%82%8A

特にキウイは、14種類もの栄養素がつまっており、アラ還女子にぜひ毎日取り入れていただきたい食材です。

自力で痩せない場合は痩身エステがおすすめです

アラ還女子の方には、ストレス解消を兼ねて痩身エステのご利用もお勧めします。

「痩身エステなんて若い世代の方が行くとこじゃないの?」

ちなみに管理人のサロンでは6~70代のお客様が全体の2割を占めていました。

皆様、とても実年齢と思えないほど意識が高くていらっしゃいます。

実際に、ご自身のメンテナンスを行っている方は、お体も若いものです。

ご主人と死別、熟年離婚に至った方なども、素敵な紳士と出会いを見つけておられます。

痩身エステでダイエットを行うメリットは次のような点です。

  • プロのサポートで効率良くダイエット
  • たるまない
  • 自律神経を整える
  • 代謝アップ
  • 脚・お尻・お腹の美体型も作る
  • ストレス解消効果
  • アンチエイジング

これらを踏まえ、管理人が60代の皆様におすすめのサロンは次の4つです。

フェイバリックスグループBLV

「痩身エステにお金使ったら、主人や家族に文句言われそう…。」

そんな方にオススメなのがフェイバリックスグループBLVです。

フェイバリックスグループBLVは、美容機器メーカー直営サロンです。

料金体系は、まるで美容室に行こうと思って通うことが可能です。

  お手軽プラン
1回30分
月に最大3回来店
ハイパースリム
SV10分+発汗
満喫プラン
1回45分
月に最大4回来店
ハイパースリム
SV15分+発汗
即効結果プラン
1回60分
月に最大5回来店
ハイパースリム
SV20分+発汗
1か月パック  ¥19,800
@¥6,600
¥29,000
@¥7,250
¥38,000
@¥7,600
2か月パック  ¥35,640
@¥5,940
¥52,200
@¥6,525
¥68,400
@¥6,840
3か月パック  ¥47,520
@¥5,280
¥69,600
@¥5,800
¥91,200
@¥6,080

フェイバリックスグループBLVは、ラジオ波「ハイパースリム SV」で代謝を上げてくれます。

ラジオ波は、整形外科など医療機関で使われているもの、肩こり・腰痛にも相乗効果があります。

フェイバリックスグループの体験予約・公式サイトはこちら

(※管理人が体験したフェイバリックスグループの体験レポートはこちらです。)

フェイバリックスグループBLVの痩身エステ体験レポ!勧誘ない?

★フェイバリックスグループをもっと詳しく知りたい!
管理人体験レポート、効果、料金・・
隅から隅まで知りたい!
もっと詳しく知りたい方は、こちらを是非ご覧ください。

たかの友梨

「たかの友梨って昔からあるけど、お高いのでは?」

アラ還女子にとってのたかの友梨はこのようなイメージですよね。

しかし、それももう今は昔なのです。

現代では、価格競争は厳しく、たかの友梨も様々なコースを設定しているんです。

管理人のサロンの60代のお客様の中にも、たかの友梨と掛け持ちで通っておられる方がいました。

管理人のサロンは大阪の中心地でありましたが、皆様このようにおっしゃってました。

「とにかく文句の付けようがない!」。

・施術室

・スパ

大阪のおばちゃんと言えば、全国トップクラスに価格にシビアなので有名です。

あのサスペンスドラマの女王・山村紅葉さんも58歳にして3ヶ月で10kg痩せました。(※詳細はこちら)

日本一シビアな難波のおばちゃんも納得のたかの友梨の体験コースをぜひお試しください。

たかの友梨の体験予約・公式サイトはこちら

(※管理人が体験したたかの友梨の体験レポートはこちらです。)

たかの友梨の痩身コース体験レポ!【実体験画像有】勧誘される?

★たかの友梨をもっと詳しく知りたい!
管理人体験レポート、効果、料金・・
隅から隅まで知りたい!
もっと詳しく知りたい方は、こちらを是非ご覧ください。

スリムビューティハウス

スリムビューティハウスでは、アラ還女子にぴったりのダイエットプランがあります。

こちらは、すでに代謝の回復が難しい50~60代の方向けの 体質改善プランです。

何をやっても痩せない年齢であるはずのアラ還女子の代謝アップを堂々と行ってくれます。

元々スリムビューティハウスの運営元は、鍼灸院だったこともあり、骨盤ケアと体質改善はプロ中のプロなのです。

たった一回でも違いがすぐにわかるスリムビューティハウスの体験コースをぜひお試しください。

スリムビューティハウスの体験予約・公式サイトはこちら

(※管理人が体験したスリムビューティハウスの体験レポートはこちらです。)

スリムビューティハウス骨盤ダイエット500円レポ!体験後の勧誘はない?

★スリムビューティハウスをもっと詳しく知りたい!
管理人体験レポート、効果、料金・・
隅から隅まで知りたい!
もっと詳しく知りたい方は、こちらを是非ご覧ください。

ソシエ

ソシエは日本最老舗クラスの大手痩身エステサロンです。

すべてのテナントが高級百貨店や高級サロン内にあるため、リッチ感が全く違います。

そんなソシエのイチオシコースが、こちらです。

こちらは、今話題の腸活と筋膜リリースをメインとしたソシエのオリジナルコースです。

とにかく満足度が高く、そのコース内容に文句の付けようがありません。

サロン内の専用ジャグジーは、体験コースでも利用可能です。

日常の喧騒から離れ、ラグジュアリーな引退生活にぴったりのサロンです。

ソシエの体験予約・公式サイトはこちら

60代女性のダイエット成功は食事改善とライフスタイル改善

megumi

★今回のまとめです★

今回は、60代女性に向けたダイエットのコツ・方法を詳しくお話しさせていただきました。

まとめますと、60代女性のダイエットに肝心なことは、食事・ライフスタイルの改善です。

まず、食事に気をつけていただくことは次の2点です。

  • 不要なものを取らない
  • 体に本当に必要なものをまんべんなく摂取する

体に「不要なもの」とは、次の3つです。

  • 食品添加物・人工甘味料
  • トランス酸脂肪酸
  • 悪玉コレステロールを増やす食品

体に本当に必要なもの、食事で気を付ける点は次の3点です。

  • 1日最低10品目以上の摂取
  • 糖質、タンパク質、脂質・ビタミンミネラル食物繊維
  • 朝食を摂る

一方、ライフスタイルの改善とは、とにかくストレスをためないことです。

ダイエットと一石二鳥で取り組める上でおすすめの趣味は次のよう四つです。

一方、自力でダイエットすることが難しい方は痩身エステを利用することをお勧めします。

管理人オススメのサロンは次の4つです。

是非一度、ストレス解消・気分転換も兼ね、担当スタッフと気の置けないお話をしながら体験を受けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です