コーヒーダイエット効果は絶大!40代で12kg減量成功のサロンプロが実体験解説

コーヒーダイエットって本当に効果あるの?

本当です。

なぜなら、コーヒー愛飲者の管理人が実体験で痩せたからです。

コーヒーダイエットを成功させるには、ちょっとしたコツと、飲み方に工夫が必要です。

今回はコーヒー好きの元サロンオーナーの管理人が、自らの実体験をもとにコーヒーダイエットの効果・飲み方のコツを伝授いたします。

この記事を読めば、貴女もコーヒーダイエットの絶大効果を実感しますよ。

この記事を書いた人
megumi

元ダイエットサロンオーナーの経歴を持ち、自身も糖質制限ダイエッターでリバウンドした経験を持つ当サイト管理人。

管理人実体験!コーヒーのダイエット効果

結論から言いますと、コーヒーのダイエット効果は絶大です。

管理人が12kg減量に至った要因の1つにも、コーヒーが大きく影響しています。
(※管理人12kg減量の食生活はこちらをご覧ください。)

12kgのダイエット成功体験談!失敗も経験したサロンオーナーが方法を詳しく解説

かつて、コーヒーは体に悪いと言われていた飲み物の一つでした。

しかし、近年世界の医学会でも コーヒーの健康・ダイエット効果が研究され始めています。

事前に申し上げますと、管理人は更年期真っ只中の40代後半に突入しています。

この年代でスルスル痩せたのは食生活に加えて、お茶・コーヒーの相乗効果が大いにあったでしょう。

管理人はこの2年ほどアジア4カ国を渡ってきました。

  • 中国
  • マレーシア
  • タイ
  • ベトナム

減量できた体重の80%は、当初1年の中国での食生活と中国茶でした。
(※中国茶のダイエット効果についてはまた別記事でご紹介いたします。)

その時点で平均体重までは減量できましたが、さらにそれ以下に落ちたのかベトナムです。

ここベトナムは、コーヒー豆生産輸出量世界2位を誇っているコーヒー大国なのです。

「ベトナムコーヒーは甘いって聞くけど、逆に太るのでは?」

はい、その通りです。

ベトナムのコーヒーは、練乳を入れて飲む習慣があり、習慣通りではダイエット向けではありません。

管理人はショップでオーガニック豆を調達し、完全なブラックで飲んでます。

ベトナムでは、オーガニックコーヒーが日本の4分の1以下の激安で飲めるんです!

管理人は元からコーヒー好きでしたが、良質な豆が安く手に入る事で更に加速しました。

今は毎日3杯ほど飲んでいます。

元々お茶もコーヒーも好きで飲んでいただけですが、体重減に関しては、食生活との相乗効果が出たのは間違いことを、次項からみていきましょう。

健康大国スペイン・イタリアのコーヒー習慣

管理人の実体験以外にも、コーヒー・ダイエット効果のわかりやすい例があります。

それは、「世界健康な国ランキング」1・2位を独占したスペイン・イタリアの例です。↓

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-25/PNGR676TTDS101

管理人はかつて両国とも頻繁に訪れていましたが、彼らにとってコーヒーは必需品です。

日本もコーヒー愛飲者は多いですが、彼らにとっては「歯磨き」と同じ位置付けなのです。

特に欠かせない習慣の一つが「食後エスプレッソ」です。

エスプレッソとは、深入りの豆を沸騰水で加圧状態で抽出されたものです。

彼らが食後にエスプレッソを飲むのは嗜好だけでなく、食後の消化促進のためなのです。

イタリア・ミラノの薬学研究所の分析では、コーヒーに次のような結果が示されています。↓

https://www.delonghi.co.jp/viva-italia/detail/id/81

上記を踏まえ、次項でダイエットに関連があると思われる効果を検証してみましょう。

脂肪燃焼・代謝促進

ポリフェノールは、皆様がよくご存知の植物性由来の重要な物質です。

https://dd-coffee.com/337

代表的な効果としては、血液サラサラ、体の活性酸素・酸化を防ぐ抗酸化作用です。

日本人にもっとも馴染みがあるポリフェノール源と言えば赤ワインやココアですよね。

実はコーヒーは何と、赤ワインに匹敵するポリフェノール含有量が含まれているんです。↓

http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/polyphenol

日本ポリフェノール学会・理事長板倉弘重医師は、コーヒーのダイエット効果を次のように述べています。

コーヒーのポリフェノール「クロロゲン酸」は、その強い抗酸化作用によって血管をしなやかに保ちます。

コーヒーによる肝機能への効果は、クロロゲン酸によるものと言われています。

クロロゲン酸を摂取すると、肝臓での脂質の代謝が活発になり、結果として脂質の燃焼によるエネルギー消費が増加します。つまり、脂肪が燃えやすいカラダを作る。

(引用;https://business.nikkei.com/atcl/skillup/15/111700008/062800078/?P=3&mds

先生のお話では、コーヒーを飲むと、肝臓の脂質代謝が促進されることになります。

一方、脂質・カロリーとダイエットの関係を示す興味深い資料があります。↓

ご覧のように、パスタを代表とするイタリア料理は世界トップクラスの高カロリー食です。

しかし、イタリアはこれだけ高カロリー食でも健康大国でいられるのです。

その秘密の1つは、良質な脂質のオリーブオイルを使用していることはもちろんです。
(※ダイエットと油の関係はこちらをご覧ください。)

ダイエットに油NGは間違い!良質な油で痩せる仕組みをサロンオーナーが解説!

  • 良質な油を料理に使用する
  • 食後にエスプレッソで脂質代謝を促進

このサイクルが高カロリー食を食べても太らない理由と無縁ではないのです。

つまり、イタリア・スペイン人の食後コーヒーは、非常に理にかなっているのです。

自律神経を整える・パフォーマンス向上

コーヒーに含まれるカフェインは、自律神経の働きを整える効果が期待できます。

結論から言いますと、自律神経が乱れている方は痩せることができません。
(※その仕組みはこちらをご覧ください。)

ストレスと肥満は相互関係にある

なぜなら、人間の体は全て脳の指令が支配しているためです。

自律神経が乱れることによって次のような様々な体の支障をきたします。

・代謝の低下

・血流の悪化

・むくみ・冷え

・便秘

・暴飲暴食

どの症状も、ダイエットに大きな支障となることは想像に難しくありませんよね。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類に分かれます。
(※詳しくはこちらをご覧ください。)

ストレスと肥満は相互関係にある

お仕事など起きている時は交感神経が積極的に働きます。

コーヒーに含まれるカフェインは、この交感神経の働きを活性化させる作用があります。

仕事中にコーヒーを飲むとパフォーマンスが上がるとされるのは、このためです。

さらに、コーヒーにはポリフェノールの血液サラサラのW効果が期待できます。

日中のパフォーマンス向上が期待できるということは、ストレス緩和効果にもなります。

つまり、スペイン・イタリアがストレスをためないのは、ただの気質ではなかったのです。

彼らが歯磨きと同じぐらいコーヒーを習慣化している点と、健康大国になったことは無縁ではないでしょう。

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットで効果を出すためには以下の点を抑えましょう。

食生活と相乗効果

質問者さま

Q.コーヒー飲むだけじゃ痩せない?

コーヒーダイエット効果の情報を見ました。

コーヒー好きにも太っている人はいると思います。

なら、コーヒー好きはみんな痩せてないとおかしいのでは?

A.飲み方・コーヒーの種類によります。

megumi

コーヒーは「痩せる薬」ではありません。

体重や体脂肪を減少させるには、普段の食生活を改善することが基本となります。

一般的に、太ってしまった方=代謝機能が悪い方です。

食べ物を摂取しても、エネルギー代謝が行われず脂肪に変わっているのです。

これまで述べましたように、コーヒーを摂取することにより脂質代謝を促進してくれます。

つまり、食生活をきちんと改善し、コーヒーを正しくを飲むことで相乗効果になるのです。

食生活に関してはこちらをご参考ください。

リバウンドしない食べるダイエット・「食べたいダイエット」

缶・ペットボトル加工コーヒーはNG

コーヒーがダイエットに良いからと言って、何でもいいのかというとそうではありません。

飲み方や、毎日飲んでいるコーヒーの種類も影響します。

特にお気をつけててくべきは缶・ペットボトルなどの加工コーヒです。

「 ミルクやお砂糖が入ってて甘いから?ブラックならOK?」

いいえ、そうではありません。

缶やペットボトルなどの加工コーヒーには、食品添加物が満載に入ってるからです。
(※食品添加物に関してはこちらをご覧ください。)

添加物が多い

  • 香料
  • 乳化剤

  • 乳化剤

これらが含まれたコーヒーには、消化にも悪く、栄養の吸収を阻害します。

ダイエットどころではありませんので、コンビニやスーパーの加工コーヒーは避けましょう。

もう1つの注意点は、アイスコーヒーより必ずホットで飲むようにしてください。

アイスコーヒーは体を冷やす恐れがあるため、特に冷えやすい女性の方にはNGです。

おすすめの時間帯・タイミング

ダイエット効果を上げるには、コーヒーを飲む時間帯・タイミングも肝心です。

朝起きてすぐ、仕事の合間などコーヒーはパフォーマンスも上げてくれる特効薬です。

ここでは、効果アップが狙えるおすすめの飲み方をご紹介します。

起床直後はNG!午前中は9:30以降

起床直後にコーヒーを飲むのはNGです。

「え?朝イチのコーヒーや目覚めが良くなるっていうのでは?」

理由は次の3点です。

  • 胃が目覚めていない
  • ストレスホルモン・コルチゾールが多く効果なし
  • コーヒー依存の恐れもあり

実は管理人もダイエット成功まで朝起きてすぐにコーヒーを飲んでました。

まず、誰でもわかりやすい理屈としては、起床後は頭だけでなく胃が目覚めてません。

胃の活動が目覚めてないところに刺激物を摂ることは、胃を荒らす元となります。

次に、起床後はストレスホルモン・コルチゾールの分泌がピークのままです。

その状態にカフェインを摂取しても、感覚がマヒしてしまい正しい効果がのぞめません。

そして、コーヒーを飲まないと覚醒できない体になるため、依存体質に導くのです。

すなわち、午前中に飲むならコルチゾールがおさまる9:30~11:30の時間帯がおすすめです。

食中・食後

「食後のコーヒーは太る」という俗説も多くありますよね。

実は、食後のコーヒーの是非は医師を始め、専門家の間でも意見が分かれています。

食後コーヒー賛成派の意見は、食後の消化促進、血糖値を下げるためとしています。

一方、反対派はカフェインが返って血糖値を上げるという説もあります。

管理人の見解としては、食後コーヒーはダイエット効果ありと考えます。

なぜなら、前述のイタリア・スペイン人が長きにわたりこの習慣を貫いているからです。

「日本人と彼らでは体質が違うのでは?」

それは一理ありますが、欧米人と我々の違いは主に「アルコール代謝」「脂質代謝」です。

また、日本人でも人によってはカフェインに対する耐性の違いもあります。

ただ、そもそも胃腸が極端に弱い方に濃いめのコーヒー摂取はおすすめできません。
(※アメリカンなら問題ありません。)

カフェイン摂取に問題ない体質の方であれば、特に人種による差があるとは思えません。

また、近ごろでは食中に食事と摂ることでも、血糖値下降に一役買う説もあります。

お食事によってはコーヒーと相性が抜群ですから、この辺りはお好みで摂取しましょう。

運動前

運動前のコーヒーは、脂肪燃焼効果を倍増させる様々なデーターが発表されています。

カフェインの血流促進により、運動効果を上げ、脂肪燃焼の相乗効果になるからです。

日常生活にウォーキングを摂りいれるなら、会社の帰宅前に飲んでみるのも良いでしょう。

前述の板倉先生は、コーヒーと運動の組み合わせの併用を推奨しています。↓

効果を高めるポイントは「運動との組み合わせ」です。「運動とコーヒー摂取を組み合わせると、体重減少、内臓脂肪や皮下脂肪の減少効果が出る」という報告が複数出ています。つまり、運動による脂肪燃焼効果をコーヒーが底上げしてくれるわけです。

(引用;https://business.nikkei.com/atcl/skillup/15/111700008/062800078/?P=5&mds

要するに、運動前にコーヒーを一杯飲んでおくと脂肪燃焼効果が上がるということです。

一方、当サイトでは、ダイエットのために無理な運動することはおすすめしておりません。

なぜなら、 その運動が結果的に続かなければ意味がないからです。

そこで毎日の通勤時間を利用した軽いウォーキング+コーヒー摂取を併用しましょう。
(※正しいウォーキング方法はこちらをご覧ください。)

痩せる体質に導く正しいウォーキング方法

  • 朝の通勤前にコーヒー1杯
    →通勤ウォーキングの脂肪燃焼
  • ランチ直後にコーヒー1杯
    →ランチの消化促進
  • 帰宅前にコーヒー1杯
    →帰宅ウォーキング時の脂肪燃焼

このように、コーヒーを生活習慣に溶け込ませ、脂肪が燃えやすい体質をつくるのです。

ブラックが苦手な方へのおすすめ摂取方法

質問者さま

Q.ブラックコーヒーは苦手!

コーヒーダイエットをやってみたいです。

でも、ブラックは苦くて苦手です。

砂糖やミルクを入れても大丈夫ですか?

A.ブラックが推奨されます。無理なら別対策を。

megumi

コーヒーにダイエット効果は、あくまでブラックコーヒーが推奨されます。

それでも、ブラックコーヒーは苦くて飲めないという方も少なくありませんよね。

そんな方には次の2つの対処方法をおすすめいたします。

ラカントSを使う

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88S-%E9%A1%86%E7%B2%92-800g/dp/B001GZCZOM

当サイトでは人工甘味料の摂取はおすすめしてませんが、ラカントSならOKです。

ラカントSは、もちろん血糖値を上げないことと、砂糖と甘さが同じなんです。

自然派素材・無添加のため、糖尿病の治療患者の方にも使われています。

どうしても甘い味でないと飲めない方にオススメです。

ミルクは豆乳ならOK

https://www.k-tounyu.jp/

牛乳は栄養価は高いのですが、意外に糖質が低くありません。

そこで、 豆乳で代用することでダイエット中に気になる糖質抑えることができます。

ミルクと甘い味でないと飲めない方は、豆乳とラカントSを併用しましょう。

カフェインが苦手・効果倍増の飲み方

ダイエットに効果的なコーヒーですが、カフェインが苦手な方も少なくありませんよね。

ここではカフェインが苦手な方や、おすすめの効果倍増の飲み方をご紹介します。

医師推奨!緑茶コーヒーダイエット

緑茶を加えることで、カテキンに含まれるエピガロカテキンガレートという成分が、小腸からの糖質の吸収量を減らし、急激な血糖の上昇を抑えるのです」

(引用;https://diet.news-postseven.com/28788

肥満外来医師として有名な工藤先生がおすすめの飲み方は、コーヒーの緑茶割りです。

コーヒーと緑茶を1対1で割ることで、カフェインの含有量を緩和できます。

そして、緑茶といえばカテキンです。

先生のお話では、カテキンに含まれる成分が糖質の吸収量を減らしてくれるとのことです。

血糖値の上昇を抑えてくれる効果もあるようですので、ダイエットにはうってつけです。

推奨回数は1日3回ですので、カフェインは苦手・でも緑茶は好きな方にはオススメです。

ココナッツオイル

当サイトで度々ご紹介しております、ココナッツオイルとの併用もおすすめです。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、油の中でもダイエットに大変効果的な良質な脂質です。

代謝アップや、脂肪燃焼効果も期待できますので、コーヒーとの相乗効果が期待できます。

コーヒーダイエット・管理人おすすめコーヒー

ここではコーヒーダイエットで管理人おすすめのコーヒーをご紹介いたします。

エレガントライフコーヒー

コーヒーダイエットするなら、飲むだけで効果のあるものが良い!

そんな方におすすめなのがエレガントライフコーヒーです。

エレガントライフコーヒーは、プレミアムコラーゲンと食物繊維が含まれています。

「コラーゲンは肌に良いだけで、ダイエット関係ないでしょ?」

いいえ、そうではありません。

コラーゲンの効果は美肌だけではありません。

血流の悪化、加齢による代謝の低下も結局はコラーゲン不足が原因なんです。

そして、便秘は老廃物が体内で低下してしまうため、ダイエットの大敵です。

食物繊維が豊富なエレガントコーヒーは、摂取するだけで便秘改善効果も期待できます。

さらに、嬉しいことに商品に満足できなければ、21日以内の返金保証もついているんです。

返金保証を付けられるのは、商品に本当に自信のある証ですね。

まずはお試しされたい方は、5包装入り¥540の初回サンプルがあります。

どんなものは、まずはお味をお試しください。

エレガントライフコーヒーの公式サイトはこちら

ル・カフェ

本場イタリアンコーヒーが自宅で簡単に飲める!

健康大国・イタリアの本場エスプレッソは、専用マシンを使わないと抽出できません。

でも、「エスプレッソってスタバでないと飲めない!高い!」と思い込んでいませんか?

イマドキは、イタリア本場エスプレッソがご自宅で何と1杯¥100で飲めちゃうんです。

あの本田圭祐さん絶賛「ル・カフェ」は、イタリアンコーヒーを効率的にお届けするシステムです。

毎月マシンのレンタル代は完全無料、何とコーヒー豆代のみでOK!コスパがすごいんです。

100杯~購入でレンタル代無料、豆・フレーバーも次の4種類の中から選べます。

  • アラビカ100%
    →管理人も毎日飲んでます!
  • ヘーゼルナッツ
  • クラッシック
  • コロンビア

管理人おすすめの豆は、アラビカ100%の豆です。
(あくまで好みですが

豆の配送は1か月定期購入と2ヶ月定期購入が選べます。

健康大国イタリア本場のエスプレッソを是非自宅で気軽にご堪能下さい。

良質なコーヒーがダイエット効果を一層高めてくれます。

美味しいコーヒーを楽しみながらダイエットしましょう!

ル・カフェの公式サイトはこちら

コーヒーダイエットは運動前に1日3回摂取が必須

megumi

★今回のまとめです★

今回は、管理人の実体験に基づきコーヒーダイエットの効果・飲み方のコツについてお話させて頂きました。

まとめますと、コーヒーはダイエット効果が期待できます。

現在40代半ばの管理人が、平均体重以下まで落ちた実体験に基づいて申し上げます。

それは、コーヒーに含まれるポリフェノールのクロロゲン酸とカフェインが大きく影響しています。

主なダイエット効果は次の点です。

クロロゲン酸は、肝機能の脂質代謝を上げ食後の消化促進効果が期待できます。

もう1点は、コーヒーのカフェインは自律神経も整え、日中のパフォーマンスも向上します。

一方、コーヒーダイエットで効果を出すためには以下の点を抑えることです。

また、ダイエット効果を上げる飲む時間帯・タイミングも肝心です。

当サイトでは、軽いウォーキングの前にコーヒー摂取との併用をおすすめします。

  • 朝の通勤前にコーヒー1杯
    →通勤ウォーキングの脂肪燃焼
  • ランチ直後にコーヒー1杯
    →ランチの消化促進
  • 帰宅前にコーヒー1杯
    →帰宅ウォーキング時の脂肪燃焼

摂取するコーヒーはブラックを推奨しますが、苦手な方はラカントS、豆乳などを活用しましょう。

また、コーヒーダイエットの効果をあげるためには、次の方法との併用もおすすめです。

最後に、今回ご紹介した、

エレガントライフコーヒー

ル・カフェ

は、コーヒーダイエットで管理人おすすめのコーヒーです。

ぜひ、記事内のおすすめ摂取方法を参考にご自身のライフスタイルに合わせたコーヒーダイエットを実践してみましょう。

今回記事内でご紹介したレシピを参考に、ぜひ毎日の食習慣にお役立てください。

 

お茶が好きな方はこちらをご覧ください。

お茶ダイエット効果は絶大!40代後半で12kg痩せたサロンプロが実体験解説

12kgのダイエット成功体験談!失敗も経験したサロンオーナーが方法を詳しく解説

糖質制限やカロリー制限は必要なし!「食べたいダイエット」方法をサロンプロが伝授

食事制限(糖質制限なし)で12kgのダイエットに成功した方法をプロが伝授

★今度こそ成功したいダイエット!
いろいろ試したけどうまくいかない(>_<)
痩せるコツ、食事、痩身エステ、機械・・
全くわからない方も、もっとうまくやりたい方も、
ダイエット成功への近道はこちらをご覧ください。

ダイエットの成功のために知っておきたいこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です